ニュース

米国男子WGCデルテクノロジーズ マッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

イアン・ポールターが投入した新パター

「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」のグループステージで3戦3勝と完璧な成績をおさめたイアン・ポールター(編注:最終成績はベスト16)。「ライダーカップ」の常連であり、彼の直接対決の強さは、当然のことともいえる。

2010年大会を制しているポールターにとってこの大会形式は、何か特別な力が働くようだ。ポールターがこの大会でベスト16に進んだのは8回目であり、タイガー・ウッズマット・クーチャー、そしてセルヒオ・ガルシアと並ぶ史上最多タイとなった。

<< 下に続く >>

しかしながら、PGAツアー3勝のポールターはそれまでのツアー2戦連続で予選落ちを喫し、マッチプレーへ向けて万全とは言い難い状態だった。とりわけ、パッティングのストロークゲインドは61位(大会前時点)と、2017年以降ではパッティングが最悪の状態にあるなか、オースティンでの1週間だった。

パッティングという部分に重点を置いたポールターは前週、興味深い交換を行った。自身が“冷めてしまった”と語った「オデッセイ ホワイトホットXG#7パター」を控えに回し、新しい「スコッティキャメロン ファントムX 11プロトタイプ」を実戦投入したのである。

ポールターのパターテスト好きは有名で、彼自身、多様なメーカーから舞い込むテスト用パターを切らしたことはないと語っている。

「僕はそうしたパターを試しに使っているような感じで、正しいフィーリング、正しい見た目を得ようとしているんだ。そして、スコッティ(キャメロン)が1週間、いや2週間前に1本つくってくれたんだ」とポールター。「フェースには溝を入れて欲しいと頼んだらその通りにしてくれた。座りがいいし、僕が欲しかった物だった。僕は座りが良くて、見た目と打感のいい物が欲しいんだ。今現在、これはとても良く機能しているよ」

タイトリストによると、ポールターは前々週「ホンダクラシック」で、スコッティキャメロンのツアーレップ、ドリュー・ページと作業をしたという。その後、追加のテストを経て、オースティンで新パターを実戦投入したのである。

「イアンはとにかく『11』の見た目と、地面に置いたときの座りが気に入ったんです。」とページ。「選手たちは、このパターのセットアップがどれだけ良いかについて話し続けていますし、これが選手たちによりどんどん実戦投入され続けている理由です。開きもしないし、閉じもしない。とにかく座りが完璧なのです」

ポールターのプロトタイプには、フェースに水平方向の溝が施されているが、販売されているファントムXモデルには、従来型のミリングパターンが施されている。

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 WGCデルテクノロジーズ マッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!