ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

フェデックスカップ・プレーオフのポイント配分を見直し

2014/12/12 11:19

By PGA TOUR staff, PGATOUR.COM

PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェムは、現地11日、PGA政策委員会が、フェデックスカップ・プレーオフシリーズ4大会で獲得出来るポイントを減らすことを承認したと発表した。

変更は2015年から適用され、「ザ・バークレイズ」「ドイツバンク選手権」「BMW選手権」「ツアー選手権byコカ・コーラ」で得られるポイントは、昨季までの2500ポイントから2000ポイントに減る。プレーオフシリーズと同様、ほかの大会で得られるポイントも減少する。フィンチェムは、今回の変更の狙いを、シーズンとプレーオフを通して順位の変動を起こりやすくし、白熱した争いにするためだと説明した。

フィンチェムは「フェデックスカップを開始した2007年以降、我々はポイント配分に関し、PGAツアー選手顧問会議や政策委員会に加わる4人のプレーヤーディレクターと協議を重ねてきた。若干の変更ではあるが、シーズンを通して選手間の競争は激しさを増すだろう。また、プレーオフ中の順位の変動もエキサイティングになり、特に30人だけに限られる最終戦の『ツアー選手権byコカ・コーラ』出場をかけた争いで顕著になるだろう」と話した。

今回の提案は、PGAツアーメンバーに影響を与える事案について、コミッショナーと政策委員会に助言を与え、協議を行う選手顧問会議から強く支持された。

ポイント配分の減少に伴い、「ツアー選手権byコカ・コーラ」でのリセットポイントの配分も減少することが決まった。これにより、出場する全30選手にフェデックスカップ優勝のチャンスが生まれる。当然ながらシード順位が上の選手が優勝する可能性が高く、トップ5の選手は最終戦の勝利でフェデックスカップ優勝が決まる。

また、プレーオフシリーズ2日目終了の時点で78人以上の選手が残っていた場合、通常3日目終了後に実施していたセカンドカットの廃止も、政策委員会の投票で可決された。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。