ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズ、ドバイの新コースをデザイン

過去にもゴルフコースをデザインしてきたタイガー・ウッズが、トランプ財団がドバイで運営する予定の新コース(18ホール)のコースデザインを担当する契約を結んだ。

新コースの名称は「ザ・トランプ・ワールドゴルフクラブ・ドバイ」。ドバイを拠点とする不動産開発会社DAMAC Propertiesが、人工リゾート都市「アコヤ・オキシジェン」内に建設する。2017年中にオープン予定で、建設に向けた準備は既に進んでいる。

14度のメジャー優勝を誇り、元世界ランキング1位のウッズは、米国とメキシコでゴルフコース開発に携わってきた。初めてコースデザインを担当したメキシコのエルカルドナルに作られたコースは、今月末までにオープンする予定だ。

ウッズは今回のコースデザインについて、自身のウェブサイトで声明を発表した。
「今回のすばらしいプロジェクトが始まるのを待ちきれない。ドバイは世界でもゴルフに大きな影響を与える都市として、急速に発展してきた。プロにとってだけではなく、アマチュアのプレーヤーも、すばらしいコースと気候、ライフスタイルを楽しめると思う。僕らは、どのレベルにあるプレーヤーでも楽しめ、これまでどこにもなく、そして記憶に残るようなコースを作ろうと計画している。ドバイにすばらしいコースを作れることを楽しみにしている」

サム・スニードに次いでPGAツアー史上2位の通算79勝を挙げているウッズは、過去に2度「ドバイデザートクラシック」で優勝している。昨シーズンは負傷に苦しみ、腰の手術も受けたことでシーズン前半のメジャー2大会(マスターズ、全米オープン)を欠場。ツアーはわずか7大会の出場に終わった。

スイングコーチのショーン・フォーリーとの契約を解消し、新コーチにクリス・コモを招いた。先週、「全米プロゴルフ選手権」以来となる実戦復帰を、自身が大会ホストを務める「ヒーローワールドチャレンジ」で果たしたが、初日から「77」、「70」、「69」、「72」を記録し、17位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。