ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 フライズドットコムオープン
期間:10/09〜10/12 場所:シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)

単独首位浮上もベ・サンムンに油断無し

2014/10/12 16:33

ベ・サンムンは「フライズドットコムオープン」3日目の終盤にクラッチショットを決め、2位との差を広げて最終日を迎えることになった。

パー5の16番では約5メートルのパーパットを沈めると、パー4の17番ではティショットをカップまで約2メートルのところに落としてイーグルを記録。最終ホールでも5メートルのバーディパットを決め、2位との差を4打に広げた。

この日のベは「65」をマーク。シルバラードでの3日目を終えてトータル「200」の通算16アンダーとした。PGAツアールーキーのザカリー・ブレアが、ツアーメンバーとして迎えた初戦の3日目を終え、4打差の2位につけている。

ベは、「4打差のリードで日曜日を迎えられるのは気分が良い。でも、勝利については考えていないよ」とコメント。

ベはパー5の16番での第2打をグリーン左にあるハザードに打ち込んだが、プレー可能だった為、そのまま続行。第3打でラフに戻し、4打目でグリーンエッジにまで運ぶと、カップまで5メートル離れた位置からパーパットをねじ込み、ガッツポーズを見せた。

「バーディパットよりも大事に感じられた」とは、本人談。

続く17番で2メートルのイーグルパットを決めると、最終18番では、ティショットをフェアウェイバンカーに打ち込むも、第2打でホールまで151ヤードの位置にリカバリーさせ、ピンチを凌いだ。

ベ:「まだ終わっていない」

2位と4打差でリードしているとは言え、ベからは気の緩みは全く感じられない。
「後ろには優秀な選手たちが集まっているからね」と、ベが語ったように、マット・クーチャーブルックス・ケプカスコット・ラングレーマーティン・レアードが5打差の3位タイにひしめいている。レティーフ・グーセンハンター・メイハン松山英樹、デビッド・リングマースも、彼らと1打差と7位タイで最終日を迎える。

スコアアップが期待されるラスト3ホール

ラスト3ホールが優勝の行方を決める可能性は高い。パー5の16番と18番に加え、17番はティショットでグリーンを狙える短いパー4という構成について、ケプカはこう語る。

「ラスト3ホールで4アンダーを取る選手が出るかもしれない。十分に実現出来ると思う」。

ベとクーチャーは、17番でのティショットをホールまで約2メートル以内のところに落とした。

最終目標はプレジデンツカップ出場

ちょうど1年後に、ベの母国である韓国で2015年「プレジデンツカップ」が行われる。ベは2013年の「HP バイロンネルソン選手権」で優勝し、米ツアー初勝利を記録。アジアでは通算12勝をあげている。世界ランキングは195位だが、世界選抜ランキングでは51位にランクインしている。

新人ブレアはゴルフ一家

ザカリー・ブレアは、今年の夏までプロに転向するか迷っていた。それが功を奏したのかもしれない。彼は3週間前にPGAツアーシードを獲得し、ルーキーシーズンの初戦で優勝争いに絡む活躍を見せている。

ブレアは昨年のウェブドットコムツアーQスクールに参戦したが、成績は芳しくなく、出場出来る大会も制限された。夏の間アマチュアとしてプレーを続けることを考えた後、再びQスクールに挑戦。2014年のシーズンをアマチュア大会参戦からスタートしたブレアは、自分と同様の成績の選手がPGAツアー・ラテンアメリカに参戦しているのを知ると、キャリア初となるウェブドットコムツアー参戦前の7月、南に向かった。その後、ウェブドットコムツアーファイナルに進出すると、最初の3大会では予選落ちを経験したが、最終戦の「ウェブドットコムツアー選手権」で2位という結果を残し、PGAツアーシード権を獲得した。

「ここ4、5ヵ月はクレージーだった。でも、充実した時間だった」と語ったブレアは、「(ウェブドットコムツアーファイナル中は)1週間で全てを引っくり返せるのはわかっていた。実際にそうなったということ」と、続けた。

ブリガム・ヤング大学時代のアシスタントコーチは、シルベラードの共同オーナーであるジョニー・ミラーの息子トッド・ミラー。父ジェイムスは、PGAツアー31大会に出場した経験のある元プロゴルファーで、1984年にはシード権を獲得。「全米プロゴルフ選手権」にも6度出場して、2度予選を通過している。

頻繁に父親にアドバイスを求めるというブレアは、「父は、いつもポジティブな言葉で勇気づけてくれる」と、話した。

ドライバーが好調のクーチャーがトップ集団入り

マット・クーチャーは、昨シーズンのPGAツアー・ドライバー平均飛距離で136位だった。だが、インストラクターのクリス・オコネルの指導により、17番のティショットで291ヤードを飛ばし、カップまで約2メートルに寄せ、イーグルを記録。土曜に「66」とし、首位と5打差の3位タイにつけている。

クーチャーはドライバーの感覚について、こう語った。
「長い道のりだった。クリス・オコネルの指導を受けて、より高く、より前に飛ぶよう取り組んできた。そのおかげで(17番では)高くボールを飛ばせるようになって、バンカーを越えられた。素晴らしいドライバーショットだったよ」。

クーチャーは18番で1m弱のバーディパットを外すも、上がり3ホールで3アンダーをマーク。金曜の1番ホールでこそボギーを叩いたが、それから35ホール連続してボギーフリーとしている。

「優勝争いが出来ているとゴルフが面白くなるし、エキサイティングになる」と、クーチャー。

クーチャーは、「フライズドットコムオープン」に出場している4人の2014「ライダーカップ」アメリカ代表の1人。その他3選手の成績は以下:

ハンター・メイハン:トータル「206」の通算10アンダーで7位タイ(70-68-68)
リー・ウェストウッド:トータル「211」の通算5アンダーで29位タイ(73-69-69)
ジミー・ウォーカー:トータル「214」の通算2アンダーで54位タイ(75-66-73)

グーセンはセッティング変更で好スコアを記録

レティーフ・グーセンは、金曜の夜、スイングに若干の調整を施し、それが「フライズドットコムオープン」3日目の好結果に繋がった。18ホール中16ホールでパーオンに成功すると、「66」の6アンダーとし、トータル「206」の通算10アンダーで、首位のベと6打差の7位タイに浮上した。

グーセンは、「背中が少し曲がった状態で打っていたので、少しでも良いポジションを取れるよう変更を加えた。そうしたら突然良いショットが打てるようになった。コースに出ると上手くいかないことが多いけれど、今日は良い感じだった」と、3日目を振り返った。

昨シーズンのグーセンは26大会に出場し、2大会でのみトップ10フィニッシュを記録。ツアー7勝目となった2009年の「トランジションズ選手権(現バルスパー選手権)」以降、優勝から遠ざかっている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

2014年 フライズドットコムオープン

  • 2014/10/09~2014/10/12
  • 優勝:ベ・サンムン
  • 賞金総額:6,000,000US$
  • シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!