ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

“ハードワーク”でパットに自信 エルス今季初のトップ10入り

By Helen Ross, PGATOUR.COM

最終組より14組早くスタートしたアーニー・エルスは、第96回「全米プロゴルフ選手権」最終日の午後に見られたウェットで、ワイルドで、風変わりな天候の中でもリズムを失わなかった。

フロント9では4連続バーディを記録し、今シーズン最少となる「65」でフィニッシュ。通算11アンダーの7位タイでメジャー最終戦を終えた。同組でプレーしたフェデックスカップポイントランキング首位のジミー・ウォーカーも、同じ「65」で回り、7位を分け合った。

エルスは、「今回のコースはやりやすい方だったと思う。すばらしいコースだし、観客もすばらしかった。ただ、メジャーのコースとしてはスコアを伸ばせる方だった」と話した。

7番と8番で続けて約3メートルのパットさえ外していなければ、エルスは9番まで7連続バーディを記録していただろう。ともかく、メジャー4勝の大ベテランは、今シーズン初のトップ10フィニッシュを果たし、フェデックスカップポイントでも一気に15人抜いて、83位に浮上した。

「もっと良い結果を得られたかもしれない。でも、シーズン開幕から今までの状態を考えれば、今日の結果には満足している。自分のプレーがまったくできていなかったが、最近はAdamsのクラブがようやく馴染んできた気がする。パターの感触もだいぶいい」

「クラブを上手く使えるように、ハードワークをこなしている。信じられないくらい良いリズムに乗れた。全てのホールでバーディを取れる気がしたくらい。それだけの勢いに乗れた」。

エルス曰く、2年前のミュアフィールドに近い感覚を、バルハラの最終日で得たという。そう、エルスが2度目の「全英オープン」優勝を果たした時だ。

雨でおよそ2時間の中断を挟んだ時に2番ホールにいたエルスは、シェリル・カルダー医師と続けている視覚化(ビジュアライゼーション)トレーニングの効果が現れていると話した。

「これまでのようにグリーンでミスばかりしていれば、誰だってパットの調子を戻すのは難しいと考えてしまう。でも、シェリルのおかげで自分を信じられるようになったし、彼女も私がパッティングに優れていると信じてくれている」。

「彼女が立ててくれる練習をこなしているだけだが、ここ数週間で自信が出てきた。以前よりも安定してきたし、ストロークも良くなった。今後もトレーニングを続けていくよ」。

トレーニングに力を入れるのと同時に、エルスは試合出場にも意欲的で、バルハラでの2日目を終えた後、プレーオフシリーズが始まる前に「ウィンダム選手権」に出場すると明言。次の様に意気込みを語った。

「好きなコース(セッジフィールド)だし、ボビー・ロング(ウィンダム選手権慈善基金の代表)も好きだし。彼はすばらしい仕事をしている。伝統が残る良いコースだ。なんとなくだけれど、勝てそうな気がする。もう少しだけ良いプレーをできそうな気がしているんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。