ニュース

米国男子ザ・グリーンブライアークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・グリーンブライアークラシック
期間:07/03〜07/06 場所:グリーンブライアーリゾート(ウエストヴァージニア州)

64歳のトム・ワトソン、2日連続でアンダーパー

By Helen Ross, PGATOUR.COM

ザ・オールドホワイトTPCでの「ザ・グリーンブライアークラシック」3日目。年齢を超越したトム・ワトソンが2日目に続き、アンダーパーを記録した。

伝説のプレーヤー、サム・スニードの後を継いで、ジ・オールドホワイトTPCの名誉プロに就任したワトソン(64歳)。3日目に2日連続となる「68」をマークし、通算3アンダーの43位タイで最終日に臨む。今年3月に開催されたチャンピオンズツアーの「東芝クラシック」(2日目)では、年齢よりも1つ少ない「63」でエージシュートを記録したワトソン。PGAツアー通算515度目の予選通過を果たした今大会では、決勝ラウンドに入って順位を上げる健在ぶりだ。

<< 下に続く >>

「今日は全体的にいいプレーができた」と、大会3日目を振り返ったワトソン。「ミスも何度かあったけど、バーディを獲れるようになってきたと思う。初日では2つ、2日目では3つ、そして今日は4つのバーディが獲れたからね。最終日の日曜日もロースコアを出せるかもしれない」。

そうなれば、4度目の本大会出場となるワトソンはスニードを上回り、PGAツアーでトップ10入りを果たした最年長プレーヤーになる可能性も出てくる。バージニア州出身で“スラミン・サミー(強打者サミー)”の名で知られるスニードは、1975年の「BCオープン」で63歳3ヶ月と4日にして8位タイに入った。

スニードはまた、PGAツアー史上最年長の優勝者という記録も保持している。今大会最終日でのワトソンの好プレーによっては、これを更新する可能性もあるだろう。1965年の「グレーターグリーンズボロ(現在の大会名は「ウィンダム選手権」)」で8度目の優勝を飾った時、スニードは52歳だった。しかし、彼が1979年の「ウェストチェスター・クラシック(現在の「ザ・バークレイズ」)」で樹立したPGAツアー最年長予選通過記録(67歳)にワトソンが挑戦するには、まだ数年待つ必要がある。

「僕は常に、サム・スニードのプレースタイルに憧れてきた」と語るワトソン。「スニードのスイングには素晴らしい感触とリズムがある。僕の父は彼のスイングがお気に入りだったんだ。父から『スニードみたいなスイングをしなきゃダメだ。スニードみたいに』と言われながら成長してきたんだ」。

「彼みたいなスイングはできたことがないんだけどね。ああいったリズムでスイングをしたことがないんだ」。

PGAツアーではこれまで39勝しているワトソン。彼は今大会で、自分の年齢の半分ほどの選手を数多く負かしている事実にはこだわらないと語る。結局のところ、ワトソンは自分のホームコースならではの強みを少々持っているようなのだ。

「そうは言っても、(ジ・オールドホワイトTPCが)難関コースであることには変わりないよ」と、ワトソン。「距離の面からみて、僕を試すいくつかのホールがあるんだ。今日は比較的良い選択ができた。誤った判断やスイングも2、3あったけど、それを乗り越えてパーセーブした。それが今日の僕のラウンドの重要なポイントだった」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ザ・グリーンブライアークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!