ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

PGAルーキーのアンドリュー・ルーペが暫定1位に

2014/02/07 18:22

「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」初日は波乱含みの中、アンドリュー・ルーペが暫定首位となった。

これまでのPGAツアー全11ラウンドで「70」を下回ったのは、1度しかないというルーペ。モントレー・ペニンシュラCCでの初日はノーボギーの「63」で終えた。この日の試合は結局、日没サスペンデットとなっている。

ルーペは2位以下に2打差をつけ、8アンダーでホールアウト。「フェデックスカップ」1位のジミー・ウォーカーをはじめ、スチュアート・アップルビー(オーストラリア)、ジム・レナー、リチャード・H・リー、スコット・ガーディナー(オーストラリア)が2位タイで続いた。ウォーカーはペブルビーチで「66」をマークし、その他の選手はモントレー・ペニンシュラ(パー71)でプレーした。

この日ホールアウトできなかった40名は、2日目の朝7時45分(米太平洋時間、米東部時間では10時45分)から第1ラウンドの続きを行なうこととなる。初日に降った大雨で3時間中断した影響もあり、この中には本大会で4度の優勝経験のあるフィル・ミケルソンも含まれている。彼はモントレー・ペニンシュラでの初日は15ホールを消化して5アンダーとした。

昨年のPGA「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたジョーダン・スピースは、5アンダーでホールアウトした4人のうちの1人。同じ組には「ライダーカップ」欧州選抜キャプテンのポール・マギンリー(アイルランド)もいて、珍しくPGAツアーに顔を見せている。

2日目は当初の予定よりも1時間遅い正午(米東部時間、米太平洋時間では朝9時)からスタートする。

暫定1位となったルーペは、「まだ1ラウンドだけ」ながらも何度か見せ場を作っていた。いずれにせよ、見る人の記憶に残るラウンドではある。

「とても楽しかったよ」と、ルイジアナ州立大学出身の名選手は語る。

これまでのPGAツアー5戦で予選通過経験のないルーペは、モントレーでのプレーも今回が初めて。そのコース知識は、自身のキャディを務めるケビン・エンソー氏によるところが大きいという。エンソー氏はタイガー・ウッズの2013年の試合のEAスポーツ(コンピュータゲーム)に精通しているそうだ。

とはいうものの、ルーペはペブルビーチのことをわかっている。

「映像で見てきたからね。17番ホールのワトソンに、ジャック・ニクラスの1番アイアン、グレーム・マクドウェルのここで(行なわれた全米オープンで)の勝利、タイガー(・ウッズ)が6番ホールで崖の上目がけて打ったってこともさ」と、ルーペ。「どれもすごいなと思ったよ。ゴルフコースの歴史やその美しさもね。明日(初日)にプレーするのが待ちどおしい。人々を引きつけてやまない場所でしょ。言葉では言い表せないよ」。

今季の出遅れについて聞かれたルーペは、PGAツアーのコースは自身が昨年「ウェブドットコムツアー」でプレーしたそれよりもいささか複雑な作りとなっている点を挙げている。それこそが、自分によって心地の良い場所を見つける本当のカギとなるものだ。

「馴染んできているとは思うよ」とルーペ。「これまで隣でパットしてきた顔ぶれとは違う人たちとやっているんだ。僕は今、テレビで見てきた人たちを目の当たりにしている。そして自分はここでプレーするべきなんだと気づきつつあるんだ。僕がここにいるのには理由がある。ここ数週間は少しナーバスだったけど、今日のプレーは格段に良くなっていると思うよ」。

「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」初日の結果:
1.A.ルーペ、-8
2位タイ スチュアート・アップルビー、-6
2位タイ ジミー・ウォーカー、-6
2位タイ ジム・レナー、-6
2位タイ スコット・ガーディナー、-6
2位タイ リチャード・H・リー、-6
2014年2月7日 10:47AM

最新の気象情報:

金曜日は当初、ほとんど雨は降らないとの予報だったが、今大会は天気に関して問題ナシというわけでもなかった模様。土曜日の降水確率は60%、日曜日は40%だという。今季のPGAツアーで天候の影響を受けた、5つ目の大会だ。

1年がもたらした「違い」:

昨年の本大会でまさかの予選落ちとなったダスティン・ジョンソン。その前の4年間では2度も優勝していたのに、だ。だが彼は今週カムバックし、初日はスパイグラスヒルCCにて「68」をマークした。

「昨年はひどいプレーだった」とジョンソンは振り返る。「プレーにパット、もうすべてがダメだった。でも今は絶好調で、自信もつけている。昨年よりは気分もいいよ」

それもそうだろう。ジョンソンは今回の前半9ホールで3連続バーディを奪い、11番ホールでも4つ目のバーディを記録。それ以外もイーブンパーとした。中でも9番ホールでのバーディは素晴らしかった。8番アイアンでのアプローチがカップに向かって飛び、ピンに当たってグリーンに跳ね返った。

「チップショットは大変だったけど、カップに入れたからね」と、4打差で追いかけるジョンソン。「こんなもんだよね。最初にショットをしくじったからね。でもそれから1つ成功した。だから良かったよ」。

スゴイ奴:

本大会のここ3年間の勝者のうち2人は、優勝争いに加わっている。ダスティン・ジョンソンと彼のパートナー、ウェイン・グレツキーはこの傾向を続けるのにうってつけの2人だ。

2人はまた、順調なスタートも見せている。スパイグラスでのプレーではスチュアート・アップルビーやチャールズ・シュワブ(そう、あのチャールズ・シュワブ)、ブライアン・ハーマン、グレッグ・オンティベロスを2打差で追いかけている。

1年前のスパイグラスでは96打を記録したグレツキーは、今大会初日ではかなりの成長を見せた。ジョンソンは「彼は6打も縮めたんだ」と、将来の義父について語る。一方、NHL(北米のプロアイスホッケーリーグ)の殿堂入りもしている義父は、将来の息子の好プレーがあれば他のことは気にしないとしている。

「それは僕らよりも、もっと大事なことなんだ」とグレツキー。「僕は楽しもうとしてここにいるからね。一方のダスティンは仕事なわけだから」。

今週はハンデ11でプレーしているグレツキー。彼はジョンソンが試合の強い味方となっていると語る。

「僕はダスティンと一緒に練習したり、プレーするチャンスがたくさんあった」と、グレツキー。「彼はプレーする人誰に対しても、すごく思いやりがあるんだ。特別な若者だよ。ダスティンに会ってから自分の腕前も上がったね」。

ではグレツキーとダスティンがスケートリンク以外の場所に行ったことも?

「しようとしたこともあったけど、彼には止めておこうと言った」と、グレツキー。「彼が負傷するのは本意ではない。昨年は一緒にキャンプに参加したんだけど、ダスティン自身はドラル(トランプインターナショナルGC?)でプレーする準備ができていたんだ。でも僕は「止めた方が身のためだ」ってね。そのうちいつか、ってところかな」。

ダスティン・ジョンソンのツイート>
僕の好きな大会で、大好きなコースといえば「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」!特にグレツキーやジョン・デーリー、そしてキッドロックとプレーするのが楽しみ!
2014年2月6日 12:36AM

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~