ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・バークレイズ
期間:08/22〜08/25 場所:Liberty National Golf Club

デイリーラップアップ:ザ・バークレイズ初日

朝食後にスタートしたケビン・スタドラーが、この日のラウンドを終えたのは、ちょうど夕食前の時間帯だった。リバティナショナルGCでの初日のラウンドに11時間近くを要したスタドラーは、今年2月の第一週以来となる、米国ツアー自己ベストタイの7アンダー「64」をマークした。

とはいえ今日の成績が、フェデックスカッププレーオフの開幕戦であるザ・バークレイズ大会の初日の首位を確約するものではない。

<< 下に続く >>

プレーオフシリーズの幕開けとなった大会初日の木曜は、雨のため6時間に渡る都合2度の中断を余儀なくされた。

ハドソン川の土手際で、今日の空模様は降っては止み、止んでは降るを繰り返した。だが、どんな悪天候も、スタドラーの勢いを止めることはできなかった。スタドラーは序盤に3バーディを奪うと、2度目の中断後、雨で柔らかくなったコースに戻ってからも、さらに4バーディを叩き出した。

中断したことで、“試合モード”のメンタル面を維持する難しさはなかったのか。そう尋ねられたスタドラーは、「僕はそんな風にメンタル面で構えたことは一度もないんだ。普段と同じだよ。それが良かったのかな」と、答えた。

フェデックスカップランキング1位のタイガー・ウッズは、最初の中断の直後、13番(パー5)で短いバーディパットを外したが、その直後に3連続バーディを決めて盛り返した。しかし長時間に及んだ2度目の中断の後は、徐々に勢いが削がれてゆき、ロングホールでひとつもバーディを奪うことができず、この日のスコアを「67」とした。

タイガーは、その日がどれだけ長く掛かろうとも問題には思わない。それよりも、翌日が長くなることの方に、より気を揉むようだ。

初日、ラウンドを全うできたのは前半にスタートした約半数の選手のみ。ベン・クレーンなどは、この日2ホールしかプレーできなかった。後半スタートの選手たちは、明朝残りのホールから再開し、そのまま第2ラウンドに突入することとなる。つまり上位につける多くの選手たちは、土曜日の決勝ラウンド進出に向けて、余分なラウンドをこなさなくてはならないのだ。

「自分たちは(ラウンドを)終えた」と、タイガー。「長い一日だったが、明日は短くなる。そして迎える土曜は、持久力が問われることになるだろうね」と、続けた。

全英オープン覇者のフィル・ミケルソンと、マスターズを制したアダム・スコットも、初日のホールアウトはかなわなかった。全米プロゴルフ選手権で優勝したジェイソン・ダフナーは「71」、全米オープンの王者ジャスティン・ローズは、13番(パー5)でダブルボギーを叩いたものの、「68」で初日を終えた。

今シーズンは条件付きの出場権で、現在フェデックスカップランキング110位のカミロ・ビジェガスは、中盤に4連続バーディを奪い、一時は初日で唯一となる8アンダーまでスコアを伸ばしたが、その後に連続ボギーを叩き、「65」で初日のラウンドを終えた。ヘンリック・ステンソンや、ライアン・パーマーと共に彼らは2位タイにつけている。

ビジェガスは、「朝食は3回、ウォームアップも3回、ランチは2回でバーディも山盛り。いい気分だよ」と、振り返った。

ジェイソン・デイマット・クーチャーは、共に「66」で初日を終えた。デイは、2つのボギーを叩くまでは、好調を維持していた。しかし5番ホールで、岩場を越えた一打がグリーン左のウォーターハザードにつかまってしまった。その後は出入りの激しいゴルフとなった。最終ホールとなった9番では、ドライバーショットがブッシュの奥に深くに入ってしまい、ペナルティを課され、ボギーとしてしまった。

リバティナショナルGCでは、悪天候にも関わらず、いくつかのロースコアが記録されている。09年のザ・バークレイズでは、通算9アンダーが優勝スコアだった。このコースは、ランディング地点が柔らかくなったり、複雑だったグリーンが落ち着くなど、大きく様変わりした。その上、実質的にラフがなくなったのだ。

もちろん、今日のようにコンディションが柔らかくなったからと言って、ロースコアを狙える保証はない。それでもホールアウトした選手の半数近くが、60台でラウンドした。

スコア60台のグループに、ロリー・マキロイが含まれていても不思議はなかったが、ミスを重ねて及ばなかった。ダブルボギーを3度も叩いたマキロイは、それでも「71」で踏みとどまっている。マキロイは、15番のバンカーショットでグリーンをオーバーし、5番のアプローチショットをウォーターハザードへ。さらに9番のティショットはカート道で不運なキックをし、茂みとフェンスを越えてOBとなってしまった。

「でも、それ以外はとても良かったんだ」と、マキロイは振り返った。

スタドラーは、序盤からペースを上げる必要があった。4月下旬にニューオリンズで開催されたチューリッヒクラシック以来、トップ10フィニッシュからも遠ざかっている。このプレーオフは、フェデックスカップランキング87位で迎えた。次週ボストン郊外で行われる2つ目のプレーオフに出場できるのは上位100選手のみで、シカゴで開催されるプレーオフ3大会目は、上位70選手しか出場できない。

「夏場はひどかったけど、数週間前からかなり良いプレーができるようになっているし、最近は、今週もゴルフができるって思えることが楽しみなんだ」と、スタドラー。「今日はようやく結果が結びついたね」と、振り返った。

スタドラーは、世界ゴルフ選手権に出場したこともなければ、メジャー大会の経験も一度しかない。唯一の出場となった全米プロゴルフ選手権では、予選落ちを喫している。そのため、今大会は一大イベントに感じられるだろう。異論はあろうとも、今シーズンの好プレーで出場権を勝ち取った選手たちによる今週のプレーオフは、PGAツアーで最も分厚いフィールドの試合だと言えるだろう。

「今週ここには、あらゆる選手が集結している。実に素晴らしいことだね」と、スタドラー。「でも、まだ何週間と続く戦いでもある」と、彼は気を引き締めた。

昨年、フェデックスカッププランキング117位だったステンソンは、今季は1週目にして遥か上を行く活躍を見せている。ステンソンは今、最も勢いのある選手のひとりで、全英オープンとブリヂストンインビテーショナルで2位、全米プロゴルフ選手権で3位に食い込んだ。今シーズンのステンソンのランキングは9位で、長丁場となった大会初日も「65」をマークし、実績通りの活躍を見せている。

「月曜夜にヨーロッパから来たから、時差ボケも少しあったし、コースを見たもの1度だけだよ」と、ステンソン。「非常に快適にプレーができているし、いくつかの良いショットで優位にラウンドできた。最後はちょっと不安定なフィニッシュになったけどね」と、語った。

ステンソンは、8番(パー5)で短いパーパットを外したが、最終9番では6フィートのパットをねじ込み、辛うじてパーを拾った。

「夜間ゴルフの良い練習ができたよ。明日、第2ラウンドをスタートしたら、夜に同じ状況になるだろうからね」と、ステンソンは意気込みを語った。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・バークレイズ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!