ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ウィンダム選手権
期間:08/15〜08/18 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

セッジフィールドで再び好調のガルシア

By Helen Ross, PGATOUR.COM

1年前のウィンダム選手権を制したセルヒオ・ガルシアは、首位発進には僅かに届かなかった。

それでもガルシアは、大会初日を「65」 でラウンドし、首位のクリス・ストラウドとは1打差。サム・スニードが1950年代に達成して以来の大会連覇を狙える位置につけた。

<< 下に続く >>

スニードはこの大会で、米国ツアー記録である通算8勝をマークしているが、ガルシアはかつてのスニードを彷彿とさせるプレーを見せ始めている。この日を5アンダーでラウンドしたガルシアは、セッジフィールドでの直近9ラウンドで8度のアンダーパーを記録している。

ガルシアはこれまで、セッジフィールドで3度大会に出場している。2度出場した全米ツアーの大会では1度優勝し、もう1度はプレーオフを1打差で逃した。そして18歳のときにアマチュアで出場したウェブドットコムツアーの大会では単独3位につけた。

ガルシアは初日、グリーンを外したのは僅かに1度、そしてフェアウェイキープに失敗したのも2度だけだった。31のパットを要したが、よりパットの精度が高ければさらにロースコアを叩き出していただろう。

「このコースでは良いドライバーショットを放ち、良いポジションを捉えることが大事だよ」とガルシア。「良いドライバーショットを打ち、アイアンショットもいくつか決めることができれば、いくつかのバーディパットを狙える。ただしピンより奥につけてしまうと、以前のベントグリーンでのプレーのようにはいかないけどね」。

「以前よりもグリーンがかなり速くなっているので、じっくり打つよう心掛けるべき場面がある。このことには注意しなくてはいけないね」。

ガルシアは初日をノーボギーでラウンドしたが、楽なラウンドとは言わなかった。この日決めたバーディパットの距離は5フィート、13フィート、2フィート、14フィートで、パー5の15番では49フィートのファーストパットを3フィートに寄せてバーディを奪った。

「長距離からの2パットは確かに上手く行ったね」とガルシア。「良いショットを打てたし、いくつかのパットを上手く沈める事ができた。全体として今日のプレーには満足しているし、明日も今日と同じか、それ以上のプレーをしたいね」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!