ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

上位に浮上したムーアとカールソンの秘訣

By Helen Ross, PGATOUR.COM

ロバート・カールソン(スウェーデン)とライアン・ムーアは、「グリーンマイル」と呼ばれるクエイルホロークラブのタフな上がり3ホールで、それぞれ上々の結果を残した。

しかしこの「ウェルズファーゴ選手権」でさらに上位を窺うためには、土曜日、彼らの存在を証明すべくバーティを量産する必要があった。ムーアは最初の7ホールで5つのバーディを奪った。かたや現在はシャーロットで暮らすスウェーデン人のカールソンも5つのバーディを含む「69」で回り、リーダーボードに名を連ねてきた。

<< 下に続く >>

結果として二人は、「67」で回ったジョン・センデン(オーストラリア)、「72」で回ったデレク・アーンスト(アメリカ)、リー・ウェストウッド(イングランド)、最後の2ホールで連続バーディを奪い「71」で回ったデビッド・リン(イングランド)ら同様に、通算6アンダーで3日目を終えた。彼らは首位から2打差の好位置につけている。

「いいスタートを切れたね」と、ムーアはうなずいた。「かなり厳しい強風が吹き荒れる中、このコースで長時間プレーするということは、パー4のコースで多くのロングアイアン、ハイブリッド、フェアウェイウッドが必要なんだ。見ての通り、今日みたいに序盤から流れに乗れたことが良かったね」。

「実は後半の10番ホール以降は、調子がいまひとつだったんだよね。フェアウェイをミスするホールもあったけど、スクランブルに対応して良いラウンドにすることができたよ」。

クエイルホロークラブから約20分のところに住居を構えるカールソンは、今週3度目となる1番ホールでバーディを決めた。コンディションについては、ムーアと同じ答えだった。

「いいスタートを切れたのが良かったね。いいプレーをして、それをキープし続けることが大切だからね」と、カールソンは語った。「このコースは各々の力量が試されるコンディションだ。強い風と多様なグリーンで、パットを決めるのはそう簡単なことではない。何かが起こるのか分からないから、我慢してプレーを続けることがすごく大事なんだ。良いストロークが出て本当に嬉しいよ」。

最終日の天候は悪化する見込みだ。大会関係者は、最悪の雨となってしまう前に良いプレーが出ることを望み、スタート時間を変更した。選手たちはスリーサムで回り、早朝の6:45から9:45の間にスタートする。

「最後までお天気が持ってくれることを願ってるよ。朝から荒れ模様の天候になったら、大会が続行できるか分からないからね。せめて午後までは、天候が崩れなければいいね。私はそろそろ帰って、明日に備えて静かにしておくよ」と、ムーアは語った。

「最終日(日曜日)の朝の7時にラウンドを開始するのは、明らかに理想的ではないね。しかし天気が本当に悪くなった場合、ラウンドを中断せざるを得なくなる。ただ、今年はこうした状況が何度かあったから慣れつつあるよ。悪天候に見舞われたことも多いから、(トップゴルファーは)それに対処するスキルも必要なんだ」と、カールソンは締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ウェルズファーゴ選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!