ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/02〜05/05 場所:クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

前後半で変わる手応え 松山英樹はもどかしさ募る「70」

2019/05/05 09:37


◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 3日目(4日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7554yd(パー71)

カットライン上の62位タイで決勝ラウンドに残った松山英樹は3バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算イーブンパーの51位に順位を上げた。首位とは11打差で最終日を迎える。

<< 下に続く >>

正午過ぎとなったムービングデーのホールアウト後は、疲労感がにじんだ。「良い感じで前半にプレーしても、一つのミスで思うようにいかなくなる」。前日同様、手応えは前後半で変わった。練習場で徐々にだが、好感触を得るからこそ、もどかしさは募る。「(練習でつかんだきっかけを)試合でやっていかないといけないと思うけど、良いショットも結果につながらないというか、距離感も含めまだまだ」

出だし1番で残り153ydから1mにからめ、バーディ発進。ともに決め切れなかったが、4番からはショットで2ホール続けてバーディチャンスを作った。7番(パー5)は「極端に悪いショットではなかった」が、2打目を池に入れてボギー。しかし8番は42ydを合わせ、タップインでバウンスバックした。「まあ前半は良かった」。及第点をつけられる内容で、一つ伸ばし折り返した。

9番からは7連続のパーと伸ばしあぐねた。3日間連続で難度がそれぞれ17、18位だった14番(パー4、306yd)、15番(588yd、パー5)はともに5mのバーディパットを外した。「ミスショットをきっかけに思うようにいかなくなるというのが続いている。ミスをどれだけ忘れるかというのも大事だと思うけど、なかなか…。積もり積もったものもあるので、なかなか忘れることもできない」。16番からの難関3連続“グリーンマイル”の終わり18番で、8Iでピン上2.5mにからめたのが、後半最初で最後のバーディだった。同ホールはこの日の最難関となり、バーディを記録したのは松山を含めて6人だけだった。

2つスコアを落とした前日の後半インよりは「(きょうの方が)良くはなってはいる」としたが、「前半のようなプレーをしないといけない」とため息は交じる。「不安の中で打っているので仕方ない結果だと思うけど、試合をやりながらでしか(不安が)とれないのか、練習をすればとれるのかっていうのは、まだ分からない」と話した。

松山同様に今季予選落ちがないのは世界ランキング上位20人でもダスティン・ジョンソンタイガー・ウッズロリー・マキロイ(北アイルランド)ら8人だけだが、実績や目標を思えば苦しさはある。「いまがあるから良かったってなるように、早く良い結果を残したい」。歯を食いしばって前進を続けたい。(ノースカロライナ州シャーロット/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!