ニュース

米国男子デルテクノロジーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ウッズはピン型パターを投入も プロアマ戦で使用

◇米国男子◇デルテクノロジーズ選手権 事前情報(30日)◇TPCボストン(マサチューセッツ州)◇7342yd(パー71)

5年ぶりにプレーオフシリーズに出場中のタイガー・ウッズが、第2戦で新たなパターを投入する可能性が浮上した。開幕前日のプロアマ戦でテーラーメイドのピン型パター(TPコレクション ブラックカッパー JUNO)を使用し最終調整した。

<< 下に続く >>

ウッズは2008年までにスコッティキャメロンのピン型パター(ニューポート2 プロトタイプ)でメジャー13勝(通算14勝)を挙げた実績を持つ。ナイキのピン型を使った時期もあったが、今年6月末の「クイッケンローンズ・ナショナル」以降は、キャリアでは異例とも言えるマレット型(テーラーメイド TP ブラックカッパー アードモア3)へのスイッチで話題を呼んだ。

40位に終わった前週のプレーオフ第1戦「ザ・ノーザントラスト」では平均パット数(1.865/パーオンホール)とパット貢献度(-4.925)でともに4日間プレーした選手の中で下から2番目の全体79位に終わった。最終日には「1日を通してまったくパットがダメだった」と嘆いた。シーズンの成績ではショット貢献度の全体8位(1.375)に対し、パット貢献度は53位と低調だ。

試合でのピン型パターの投入については明言をしていないが、今大会開幕前の記者会見では「パットはすごく悪いわけではないが、若干の問題はある」と話していた。(マサチューセッツ州ノートン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 デルテクノロジーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!