ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ザ・ノーザントラスト
期間:08/23〜08/26 場所:ザ・リッジウッドCC(ニュージャージー州)

生き残りへの重圧 松山英樹はポイントランク58位に上昇

2018/08/27 08:19


◇米国男子◇ザ・ノーザントラスト 最終日(26日)◇リッジウッドCC(ニュージャージー州)◇7385yd(パー71)

26位からスタートした松山英樹は5バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算9アンダーの15位タイでプレーオフ初戦を終えた。スコアを1つ落として折り返した後半に4バーディを集中させ、目標としていたトップ20を確保。フェデックスランキングを76位から58位に上げ、100位までが進出する31日(金)開幕の第2戦「デルテクノロジー選手権」(マサチューセッツ州・TPCボストン)に進む。

<< 下に続く >>

2週間後のプレーオフ第3戦を戦うには、ランク70位以内が条件。「久々にこんなにトップ10に入りたいというのと、ポイントを稼がないといけないプレッシャーですごく緊張した」という前半は、流れをつかみきれない展開が続いた。3番(パー5)で3mを決めてバーディを先行させたが、グリーンを外した6番(パー3)でボギー。9番では1.5mを外して3パットボギーとし、重い空気が松山を包んだ。

流れを呼び込んだのは、久々にチャンスにつけた後半10番から。3mを沈めてバーディでイーブンに戻すと、アプローチを寄せきれなかった11番(パー3)では6mを入れてパーを死守。13番(パー5)、15番(パー3)と1.5mのチャンスを決めると、17番(パー5)でも109ydからの3打目を1.5mにからめ、後半戦のリーダーボードを着々と駆け上がった。

「悪いながらも、後半を4バーディで終われて良かった。あれ以上崩れると、ポイント的にしんどくなる。いいパットじゃなくても、締めのパットが入ってくれたのがすごく大きかった」と、11パットに抑えたサンデーバックナインを評価した。

ショットに不満を残しながらポイントを加算することに成功したが、「やっぱり、もっと上位で戦っていきたいという気持ちは強い」と喜びは控えめだ。久しく加われていない優勝争いも、まだ遠いところにある。それでも「やっとトップ10前後くらいではやれる、くらいのところまでは来た」と復調の気配を感じつつある。

「これをもっと続けられるようにして、もうひとつ上の優勝争いがあると思う。来週も再来週も、それくらいのプレーができるように頑張りたい」。生き残りをかけ、プレッシャーとの戦いは来週も続く。(ニュージャージー州パラマス/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・ノーザントラスト




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!