ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウィンダム選手権
期間:08/16〜08/19 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

ビッグスコアの予感が的中 松山英樹「64」で暫定22位に浮上

2018/08/19 08:32


◇米国男子◇ウィンダム選手権 3日目(18日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

決勝ラウンドに入り、松山英樹が一気にアクセルを踏み込んだ。序盤から次々とチャンスを作り、1イーグル5バーディ、1ボギーの「64」でホールアウト。予選カットライン上の53位から通算9アンダーの暫定22位に浮上し、「久々にいいスコアなので良かったと思う」と6アンダーのプレーに及第点をつけた。競技は悪天候により翌日順延となった。

2日目を終えて「出せなくもないと思う」とほのめかしていた、ビッグスコアの予感が的中した。グリーンを外したのはわずか2ホール。2日目に苦しんだパットも、この日は「良くないところも確かにあるが、きょうはうまく入ってくれた」とかみ合いを見せた。前半2番で左ラフからピン左2mにつけてバーディを先行。3番(パー3)で2m、4番で5mを外して足踏みしたが、続くチャンスホールの5番(パー5)で加速をつけた。

1打目の1Wショットは左ラフに入れたが、残り171yd、打ち下ろしの2打目を9番アイアンでピン左手前9mに2オン成功。このスライスラインを読み切ってイーグルを奪い、ギャラリーから大歓声を浴びた。

8番では2.5mのチャンスを外したが、再び2.5mにつけた9番ではしっかりと沈めて通算7アンダーへ。バックナインに入っても、放たれたボールは次々とピンに絡む。12番(パー3)はピン右1.8m、13番ではピン右1mにつけて連続バーディ。16番(パー3/175yd)でもピンそば1.2mにつけ、一時は通算10アンダーに乗せた。

惜しいパットをいくつも外した。最終18番では、アプローチミスから唯一のボギーをたたいた。それでも、久しぶりの好スコアが気持ちを前に向かせる。「やっぱり結果が出ると(気分的に)ラクになる。そういう意味ではよかった」。つかみかけた上昇の流れを、次週からはじまるプレーオフシリーズにつなげる最終日としたい。(ノースカロライナ州グリーンズボロ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。