ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:ベルリーブCC(ミズーリ州)

今平周吾は1打及ばず 宮里優作とともに予選落ち

◇メジャー最終戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(10日)◇ベルリーブCC(ミズーリ州)◇7316yd(パー70)

午前7時の再開から、前日未消化分の第2ラウンドをプレーした今平周吾宮里優作はそれぞれ通算1オーバー、13オーバーで決勝ラウンド進出を逃した。

<< 下に続く >>

後半13番から6ホールを残していた今平は「3つ(バーディを)獲るのが目標だった」と3オーバーからの挽回を期して再開した。「パットが“ひとすじ”外れるのが多かった」と、結局この日の最初バーディは17番(パー5)。最終18番でフェアウェイバンカーから残り188ydをUTでスライスをかけてピンそば1mにつけ、バーディフィニッシュを決めたが、「69」として1打及ばなかった。

2016年の「全英オープン」、17年「全米オープン」に続く3回目のメジャー大会で初の予選通過はならなかった。「ちょっとずつ、のぼっているかなという感じはあります。今週に関しては1Wはぶれていたが、アイアンはしっかり打てていた。雰囲気にも慣れてきた」。課題は「飛距離よりは精度」と分析。2週後の「RIZAP KBCオーガスタ」(福岡・芥屋ゴルフ倶楽部)から日本ツアーを再開する。「とりあえず早く2勝目がしたい」と意気込んだ。

宮里は2日間を通じてショットが乱れた。ホールアウト後はすぐに、人もまばらなドライビングレンジへと向かい、汗を流しながらボールを打ち込んだ。今後は国内ツアーへの出場もにらみながら、欧州ツアーの来季出場権獲得を第一目標として海外転戦を続ける見込みとなっている。(ミズーリ州セントルイス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!