ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:ベルリーブCC(ミズーリ州)

得意の3日目に急浮上 ウッズは4打差で最終日へ

◇メジャー最終戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(11日)◇ベルリーブCC(ミズーリ州)◇7316yd(パー70)

タイガー・ウッズは前日未消化分から、1日29ホールをプレーして通算8アンダーの6位タイで3日目を終えた。第2、第3ラウンドともに「66」でまとめ、トップのブルックス・ケプカとは4打差につけた。

<< 下に続く >>

7月の「全英オープン」に続き、赤いシャツが優勝争いに残った。午前7時の再開から、この日のプレーを終えたのは午後5時過ぎ。第3ラウンドは3mを沈めてバウンスバックを決めた6番(パー3)から3連続バーディ。後半は17番(パー5)でイーグルチャンスから3パットを喫するなど、パーを並べた。42歳は「すごく疲れた。肉体的なものだけでなく、この暑さでは精神面も29ホールは大変だった。長い一日だった」と汗をぬぐった。

腰痛などの故障から復帰したウッズは今季、ムービングデーに無類の強さを見せてきた。

〈2017―18年PGAツアー ウッズの各ラウンドの平均スコア〉
R1 71.15(134位)
R2 70.77(106位)
R3 68.64(3位)
FR 70.45(73位)

一方で第3ラウンドよりも最終ラウンドのスコアが良かった試合は決勝ラウンドを戦った11試合(出場13試合)のうち、4月の「マスターズ」(72―69)と6月の「クイッケンローンズナショナル」(68-66)だけだ。

2008年の「全米オープン」まで、ウッズが積み上げたメジャー通算14勝はすべて最終日を首位(単独およびタイ)で迎えたもの。「とにかくコース全体が軟らかい。バーディをどんどん決めないといけない。とくにフロントナインで。4Iでも5Iでもボールを止められるグリーンだ」。逆転でのメジャー制覇となれば、最高のカムバックストーリーになる。(ミズーリ州セントルイス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!