ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:ベルリーブCC(ミズーリ州)

【速報】予選ラウンドが終了 松山英樹&池田勇太が7打差で3R突入

◇メジャー最終戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(11日)◇ベルリーブCC(ミズーリ州)◇7316yd(パー70)

悪天候の影響で順延されていた前日第2ラウンドの未消化分から再開し、午前中に全選手が36ホールを完了した。

<< 下に続く >>

日本勢は松山英樹が、残りの8ホールで3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーとし、第2ラウンドを「68」で終えた。再開直後の11番でバーディを決めてスタート。最終18番で3打目のバンカーショットを奥のラフに入れ、4オン2パットのダブルボギーをたたいた。通算3アンダーの25位タイで決勝ラウンドに進んだ。

池田勇太も3アンダーの25位タイ。午前中に9ホールを回り、「69」で終えた。2日目にプレーを完了していた小平智は1アンダーの49位タイとなった。

今平周吾は1オーバー、宮里優作は13オーバーと巻き返せず、前日にプレーを終えていた時松隆光とともに予選落ちした。

首位は10アンダーのゲーリー・ウッドランド。1打差の2位にケビン・キズナーがつけた。ブルックス・ケプカリッキー・ファウラーが通算8アンダーの3位タイで並んだ、

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!