ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

賞金ランク1位と2位…時松隆光&秋吉翔太は初の全英で予選落ち

◇メジャー第3戦◇全英オープン 2日目(20日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

国内ツアーの賞金ランキングで現在1位を走る時松隆光と、同2位の秋吉翔太はともに初挑戦の全英を予選落ちで終えた。

1オーバー50位タイから出た時松はバックナインで崩れて「77」の通算7オーバー109位タイ。前半3番で第2打をピンそば2mにつけてバーディを先行させたが、後半10番で1Wショットを右のラフに打ち込むと、2打目でフェアウェイに出して4オン2パットのダブルボギー。「雨が降ってボールが転がらなくなり、考えすぎてショットがグリーンをオーバーしたりした」と距離感に苦しみ、その後は悪い流れになった。

インコースは2つのダブルボギーを含む「42」と崩れた。「後半に粘り強さや難しいホールで対処の仕方が足りないことが分かった」。芝が湿ったことで前日よりもロングゲームを強いられることが多くなり、「長いクラブが僕の場合は技術が足りない」とガックリ。24歳は「来年また…ではなく、5年くらい全体的に磨いて帰ってきたい。まだ早いと思った」と長期的な視野での成長を目標にした。

一方、6月の「全米オープン」に続いて決勝ラウンド進出を逃した秋吉は、「一年間練習をして、来年絶対に違う姿で帰ってきたい」と誓った。初日6オーバーの出遅れを取り返せず、「74」で9オーバー131位タイ。

前半9番で右サイドの水のないクリークからの第2打で、クラブヘッドが赤杭の中の土手に触れ、2罰打を受けてトリプルボギーをたたいた。「自分にカチンときて、後半は日本でのように自分のやりたいようにプレーした」。するとバックナインでは3バーディ、1ボギー。普段の姿勢を取り戻すまでに、結果的に27ホールかかった。

予選2日間を元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストリア)、欧州ツアー2勝の22歳・李昊桐(中国)と回り、「世界の壁は高い。自分のレベルは全然低い」と肩を落とす。「自分の長所? 日本だったらショットと言いたいけれど、こっちでは全然違う。李昊桐なんか60ydくらいのアプローチで30ydくらい転がす技もあった」。伸びしろを探せばきりがない。ただし、秋吉は6月の全米オープンから帰国してすぐに国内ツアーで2勝目を挙げた。メジャーでの失望は、きっとまた彼らを強くする。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。