ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 カーヌスティ(スコットランド)

前年は大会史に残る1打 スピースがクラレットジャグを返還

◇メジャー第3戦◇全英オープン 事前情報(16日)◇カーヌスティ(スコットランド)◇7402yd(パー71)

“全英ウィーク”に入った開幕3日前の16日(月)、前年覇者のジョーダン・スピースがクラレットジャグを返還した。午後のセレモニーに、大会が用意したメルセデスベンツの電気自動車で登場。「決して楽しい経験じゃないよね」と勝者の証を惜しがった。

ロイヤルバークデールで行われた前年大会で全英初勝利を挙げたスピース。最終日の13番ホールで見せたドライビングレンジからのリカバリーショットは大会史に残るプレーになった。ただ、当時から1年が経過したが、その間に優勝がない。4月の「マスターズ」で3位に入ったのを最後に、トップ20入りもない。

今大会は3週のオフを経て迎えた。「休みが必要だった。しばらく予選通過できるかできないか、という苦しいゴルフが続いて、非常に苦しいスケジュールにもなっていた。ゲームから離れて感触は良くなってきたと思う」という。

いち早く会場入りしてコースチェックを開始する選手も多いが、スピースがカーヌスティでプレーしたのはこの日の午後が初めて。「(マスターズの行われる)オーガスタのように同じコースで行われるなら記憶をたどりながらプレーするけれど、全英は毎年コースも違う。コンディションも違う。それに一週間を通してコースが変わっていく。だから大きく違う大会なんだ」と、準備を過剰に整えることはしない。

リンクス攻略のカギは「イマジネーション」だと断言。風を読み、自然と寄り添い、運と付き合う。スピースは自然体でクラレットジャグ防衛を狙っている。(スコットランド・カーヌスティ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~