ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

復活優勝へ5打差 ウッズは得意コース攻略に自信

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 3日目(2日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

「この2日間のようなゴルフをできればまだチャンスはあるはずだ」。首位と5打差の通算9アンダーの7位タイで最終日を迎えるタイガー・ウッズは、復活優勝のチャンスに狙いを定めている。

24位から「68」で浮上。前半5番(パー5)で4mのイーグルパットを沈めると、地響きのような歓声が上がった。勢いに乗って後半15(パー5)番までに4つのバーディ。計6つスコアを伸ばし、一時は通算11アンダーで首位タイの座に躍り出た。

最後は「テンポが悪くなって、本当に悔やまれる」と16、18番をともに3パットボギーとし後退した。それでも過去5勝した得意大会で上位争いに顔を出し「きょうは『68』が限界だったんだと思うよ」と納得した。

今年1月にツアー復帰し、今季の最高は3月「バルスパー選手権」の2位。大会のホストを務めるジャック・ニクラスは試合前、報道陣を通じて「タイガーは勝つための方法を再び学ばなくてはならないね」と話した。それを伝え聞いたウッズは「必要なことは理解していると思うよ」とうなずいた。

最終日は悪天候も予想される。「条件も変わる。ただこのコースではすべてがうまくいく。キャリアの中で常に、ここでは心地よさを感じてきたんだ」。2013年「WGCブリヂストン招待」以来のツアー通算80勝目、大会最多の6勝目へ。レジェンドのための舞台は、用意されている。(オハイオ州ダブリン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!