ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

松山英樹はパットに苦しみ後退 逆襲の土曜日はデイと2サム

2018/06/02 10:23


◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目(1日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)

チャンスを多く作りながら、スコアを伸ばしきれなかった。トップタイから出た松山英樹は4バーディ、3ボギーの「71」で回り、通算8アンダーの4位タイに後退した。「パットは修正が必要。ショットは良い感じで振れていた」。課題を洗い出しながら、首位と3打差の決勝ラウンドを見据えた。

雲に覆われた2日目は、ポアナ芝の混在するグリーン上で首を傾げた。「ラインの読みは少し苦労したけど、それ以前にミスパットが多かった」。2打目をグリーン手前のハザードに入れた前半11番(パー5)で1.5mのフックラインを外しボギー先行。続く2ホールは、ともにバーディチャンスにつけながら、カップになめられ落胆した。初バーディを奪った直後の15番(パー5)は4打目のバンカーショットを3mまで寄せたが、パーパットがカップをすり抜けた。

後半3バーディを奪ったが、ティショットを右ラフに入れた最終9番は1.5mを外しボギーフィニッシュ。前日より8つ多かった31パットに、ストローク・ゲインド・パッティングは全体116位の「-3.114」になった。「(パットは)違和感はある。そこを修正できれば、自信をもって打てるし、自然とラインもあってくると思う」と話した。

取りこぼしを悔やみながら、この日ティショットは14ホール中13ホールでフェアウェイをキープした。14年に制した大会コースは、両サイドに深いラフが待ち受ける。まだ追い求めるショットではないが、ショット不調だった開幕前を踏まえ、「もう少し自分の思った球筋で打てるようにしたいっていうのはあるけど、ここ最近の内容からしたら、すごく良いとは思う」と前向きにとらえた。

「ここ最近はパットが良くてもショットが悪くて伸ばせないラウンドが多かった。ちょっと自分の姿に戻った感じ」。久々に上位で進出した決勝ラウンド。3日目は今季2勝ジェイソン・デイ(オーストラリア)との2サムラウンドになる。(オハイオ州ダブリン/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。