ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

待ち続けたチャンス マキロイがキャリアグランドスラムに挑戦

◇メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

あの日から、もう7年が経過した。大会3日目を1イーグル5バーディの7アンダー「65」で回ったロリー・マキロイ(北アイルランド)は、通算11アンダーとして首位のパトリック・リードと3打差の2位につけた。2011年以来となる最終日最終組で、初のグリーンジャケットとキャリアグランドスラムを目指してプレーする。

11年大会、当時21歳だったマキロイは初のメジャータイトルに向けて3日間首位をキープ。最終日を4打差リードで迎えたが、10番でトリプルボギーを叩くなど「80」を叩いて15位に沈んだ。

「2011年は自分のキャリアのとても大きなターニングポイントだった」とマキロイ。「あの日、自分はまだメジャーを勝つ準備ができていないと自覚した。そのことを踏まえて、なにか違うことをしないといけないと気がついた」。

同年の「全米オープン」で、大会史上最多アンダーパーと最少ストローク記録を更新して、4日間単独首位を守る完全優勝。さらにメジャー3勝を重ねてきた。

「いまは準備ができている。あのことから多くを学んだし、最終組に入れて幸せだよ。正直いうと、ずっとこのチャンスを待っていた」。

この日の18ホールは「運がよかった」と振り返った。8番(パー5)でのチップインイーグルに始まって、一時強く雨が降った13番では「ピンクの海(笑)」と表現したグリーン左のアザレアの花壇に打ち込んだが、うまく脱出してパーを拾った。最終18番はティショットが木に当たってフェアウェイに戻ってきて、そこからバーディをもぎとった。

「あすはあまり運に頼りすぎたくないね」とマキロイは苦笑い。歴史上キャリアグラウンドスラムを成し遂げたのはジーン・サラゼン、ベン・ホーガン、ゲーリー・プレーヤージャック・ニクラスタイガー・ウッズの5人だけ。新たな歴史の1ページは、自分の力で開いてみせる。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~