ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

“遅かった開幕”松山英樹は最終18番で初バーディ

2018/04/06 09:05


◇メジャー第1戦◇マスターズ 初日(5日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

モヤモヤした気持ちは、最後にほんの少しだけ癒やされたに違いない。松山英樹は初日を1バーディ、1ダブルボギーの1オーバー「73」で終えて、首位と7打差の29位とした。13連続パーの後、14番でダブルボギー。その後にまたパーが続き、最終18番を初めてのバーディで締めくくった。

前日までの練習ラウンドに比べると、ティショットは格段に安定した。この日、フェアウェイを外したのは11番の1ホールだけ。パーオン率も66.7%とまずまずだったが、「フェアウェイから打てているのでグリーンに乗っているけど、(ショットの精度は)求めている半分以下」と満足するレベルではない。

ダブルボギーとした14番は、フェアウェイからの2打目をひっかけて左に外した。グリーンエッジにクッションさせて狙ったアプローチは、ピンをかすめて傾斜を下り、20m流れて3パット。わずかなミスが、大きな傷となって返ってくるオーガスタを象徴したホールとなった。

2番、13番と2オンに成功したパー5はともに3パットのパーにとどまり、「収穫はティショットだけ」と表情は不服そうに固めたまま。「それ以外は全然ダメ」と首を振った。

18番で左から3mを沈めてこの日初めてのバーディとし、「やっと開幕したなという感じ」と微笑したが、すぐに険しい顔に戻った。それでも、「切り替えてあす頑張りたい」と言い残して向かったパッティンググリーンでは、吹っ切れたようなやわらかな顔も見せていた。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~