ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は世界ランク50位以内をキープ 米国で調整へ

2018/03/05 18:00


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 最終日(4日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7330yd(パー71)

2オーバーから出た池田勇太は5バーディ、3ボギーの「69」で回り、前日3日目に続いて60台を記録した。通算イーブンパーの46位タイでフィニッシュ。世界ランキング49位に踏みとどまり、次週以降は米国で4月のメジャー初戦「マスターズ」(ジョージア州・オーガスタナショナルGC)に備える。

インスタートの最終日は前半12番で第2打をピンそば1m、13番(パー3)では13mを沈めて2連続バーディを先行。そのまま勢いに乗るかに思われたが、後半6番(パー5)では第2打がグリーンエッジに当たって手前に戻り、池に飛び込むアンラッキーでボギー。

最終9番のバーディフィニッシュにもぶ然として「もう少しバーディを取りたかった。(初日から)2日間で、しっかりしたゴルフをできなかったのがこういう結果になった。(週末の)2日でスコアを戻したけれど、“あとの祭り”だったなと」と振り返った。

標高2300mのメキシコで2年連続の出場ながら、ショットの距離感やパッティングがかみ合ったのは3日目になってから。「悔いの残る終わり方」という。

それでも、週末の頑張りは無駄ではない。今大会を終えて世界ランキング50位以内を確保したことで、2週後の「アーノルド・パーマー招待」(フロリダ州ベイヒルクラブ&ロッジ)、3週後の「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」(テキサス州オースティンCC)への出場を見据え、次週はフロリダ州内で調整する予定。マスターズへ向け、万全の態勢を整えたい。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 WGCメキシコ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~