ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

全米オープンのプレーオフを変更 翌日18ホール→当日2ホールへ

全米ゴルフ協会(USGA)はメジャー「全米オープン」のプレーオフ方式を、最終ラウンド翌日の18ホールストロークプレーから、当日の2ホールストロークプレーに変更すると発表した。6月にシネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)で開催される今年の大会から適用する。USGAのマイク・デービスCEOが26日、USGA公式サイトのインタビューで明かした。

2ホールで決着がつかない場合、さらにサドンデス式の延長を行う。デービス氏は「日曜日のうちに大会を終わらせるのが重要であることはゴルフ界のすべての人たちが知っている」とコメントした。

過去117回の大会のうち、プレーオフで決着したのは33回。タイガー・ウッズが19ホール目(5日間で91ホール目)でロッコ・メディエイトに競り勝った2008年大会(カリフォルニア州・トーリーパインズGC)を最後にプレーオフはなかった。

3ホールでプレーオフを行ってきた「全米女子オープン」や「全米シニアオープン」「全米シニア女子オープン」でも、同じ方式を採用する。

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~