ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が棄権でV3ならず 左手に痛み「できないのがつらい」

2018/02/03 04:09


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(2日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

大会3連覇を目指していた松山英樹は、第2ラウンドスタート前に左手親指付け根の痛みのために棄権した。

2日目は午後0時02分にティオフする予定だった松山は、パッティング練習を行った後、打撃レンジに移動。テークバックでクラブを上げるだけで痛そうな表情を浮かべ、飯田光輝トレーナーに左手や肩をマッサージしてもらいながら、ウェッジ、ショートアイアンと15球ほどを打ったが、プレー続行は無理と判断して、棄権を決断した。

痛みが出たのは、初日の13番のティショット。突然、激痛が走ったという。松山は「(同じ箇所の)痛み自体は出たことあるけど、初めての痛みだった。昨日の時点でスイングもおかしくなり始めていた。きょう何球か打ったけど、もうスイングができないので影響があると思いやめました」と明かした。

前日のラウンド後も飯田トレーナーと懸命の治療を行ったが、痛みを取ることができなかったという。

「残念です。プレーしたかったし、プレーした結果がダメならダメで納得いくけど、できないのが一番つらいです」と言い残し、松山は悔しそうにコースを後にした。(アリゾナ州フェニックス/今岡涼太)

関連リンク

2018年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~