ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

ビッグネームと回るより…今平周吾が海外で欲する“きっかけ”

2018/01/10 12:48


◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 事前情報(9日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

25歳の今平周吾は、初出場の舞台で精力的な調整を続ける。開幕2日前のこの日、同じく初出場の小鯛竜也と18ホールの練習ラウンドを行った。暖かい地域特有のバミューダ芝を警戒しつつ、「海外で結果を残せていないので、まずは予選通過が目標」と述べた。

昨年は国内ツアーで初優勝を挙げ、賞金ランクは自己最高の6位。「目標だった1勝を挙げられて良い1年になった」と振り返り、「今年は国内で2、3勝とできるようにしていきたい」と目標を掲げた。

12月上旬にシーズンを終え「(12月の)はじめは仕事や挨拶回りで忙しかったけど、後半はゆっくりした。プライベートゴルフを3回くらいやって」と、英気を養った。今月7日(日)にハワイ入りし、その日からコースで練習した。前日8日(月)にもマンデープロアマに出場して18ホールを確認した。

ジョーダン・スピースジャスティン・トーマスという世界のビッグネームも集まった今週。かねて海外志向は強く「一緒に回りたい気持ちはあるけど…。まずは予選を通りたいですね」と語った。

これまで2度のメジャーを含め3回の米国ツアー出場で、週末に残った経験はない。「やっぱりきっかけがほしい。できるという自信というか、そういうものがあると、気持ち的にも楽になる」と、戦いを見据えた。(ハワイ州ホノルル/林洋平)

関連リンク

2018年 ソニーオープンinハワイ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~