ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

天を仰いだグリーン上 松山英樹はプレーオフ3戦目も好発進ならず

2017/09/15 09:36


◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 初日(14日)◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7208yd(パー71)

プレーオフ初戦の「ザ・ノーザントラスト」は初日102位。2戦目の「デルテクノロジーズ選手権」は42位でのスタート。6日間のオフを挟んで開幕した第3戦(全4戦)も、松山英樹は好発進を逃した。上位がスコアを伸ばし合う中、2バーディ、3ボギーの「72」に終わり、トップとは10打差の1オーバー。出場70人(棄権1人含む)の大会で56位タイと出遅れた。

最終18番(パー5)、2mのバーディチャンスをものにした瞬間の松山に笑顔はなかった。これが初日、18回カップに沈めた中で最も長かったパット。「良いところがなかったです。ショートゲームに」と疲労感たっぷりに答えた。

360ydと短いスタートの1番。1Wで319ydを稼いだ上に、狭い花道を捕えながら、ウェッジでの2打目をグリーン奥にこぼすミス。UTでのティショットを左に曲げた3番でボギーが先行した。第1打を左バンカーに打ち込んだ6番(パー3)で2つ目をたたいた後、8番(パー5)でバーディを決めたが、中盤はフラストレーションの溜まる展開に終始した。

12番で8m、13番では6mのバーディパットがわずかにカップをそれて天を仰ぐ。14番(パー5)では2mをものにできず、わずかな時間、思わず静止した。左サイドに池が構える334ydの15番、1Wを振り抜いてグリーン手前のバンカーに運びながら、ショートゲームにミスが続いて3パットボギーとした。

「パッティングが入らないとしんどい。アプローチも良くなくて、こういうスコアになっている。良いショットを打っても、後につながらなかった」。観ている側からは思わぬミスの連続。「予想外というか…下手でしたね」と、自分に呆れるようにこぼした。

この日はテストを続けていた1Wのシャフト(UST マミヤ アッタス クール)を実戦投入。アイアンも6月上旬以来、初めてスリクソン Z965 アイアンに戻してプレー。ショットについては「良いところも増えてきているので、あともう少しかなと思います」と話したが、ギアに関する評価は急がない。1アンダーでまとめた終盤3ホールについても「気休めですね」と厳しかった。

プレーオフの後半2試合は予選落ちがない。「まあ、4日間あるんで頑張ります」と少ない言葉に無念さは募るばかり。くるっと背中を向けて、西日の注ぐ練習場へと歩き出した。(イリノイ州レイクフォレスト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。