ニュース

米国男子シェルヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 シェルヒューストンオープン
期間:03/30〜04/02 場所:ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

公傷制度の試合制限数 シード確保狙う石川遼の考え方

◇米国男子◇シェルヒューストンオープン 事前情報(29日)◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)◇7441yd(パー72)

「プエルトリコオープン」で予選落ちした石川遼は、同週末にはテキサス州に入り、26日(日)に練習ラウンド9ホールを、27日(月)はプロアマ戦で18ホールをプレーしてコースチェックを終えた。開幕前日の29日(水)は夕方に姿を見せ、練習場で調整した。

<< 下に続く >>

この日は上空に雷雲が接近した正午前にプロアマ戦が一時中断。雨の勢いは強まる一方で、そのまま中止となった。昼過ぎからの練習を予定していた石川は、雨が上がるのを待ち、午後5時前から人もまばらな会場でパット、ショット練習にいそしんだ。

同大会では過去3回出場して最高位は31位、2回は予選落ちした。ウォーターハザードが多く「ラフは浅いけれど、その他は難しい。ティショットにプレッシャーが結構あって苦手意識はある」という。2月の「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」以降の5試合で決勝ラウンド進出は2回。この期間で稼いだフェデックスカップポイントは20ptに留まった。腰の故障から復帰した今季は、公傷制度により持ち越した20試合で399ptを稼いで出場試合を確保する必要があるが、現在10試合を消化して135ptに過ぎない。

出場試合数が限られているため、自分の得意大会を選んでエントリーする方法もあるが、石川はそういった戦略には否定的だ。「それを意識的にやろうとは思わない。ヒューストンも結果を残せていないが、将来的にはどんなコースにも対応できるようになりたい。短期的に見たらそれも考えだが、長期的に見れば根本的にうまくなりたいこと、上に行きたいということは変わらない」。これまで石川は、試合に多く出てシーズンのリズムをつかんできた。その考えを目先の目標で変え、皮算用するつもりはない。

前週の「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」でベスト4に入り、「マスターズ」出場を決めた谷原秀人のプレーは石川にとっても刺激的だった。「(出場権を得るための)最後の最後でつかんだのは、それだけ自分を信じられる技術があるということ。谷原さんは優勝したダスティン・ジョンソンを一番苦しめた」

今大会は優勝者にマスターズ出場権が付与されるラストゲームとして注目される。「まずは初日に全力を尽くしてプレーしたい。3日目が終わった時にそういうコメントができればいい」と足元を見て言ったが、フィールドの全員にチャンスは同じだけある。(テキサス州ヒューストン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 シェルヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!