ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人 マスターズに近づけない「悔しい」32位

2017/03/06 10:46


◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 最終日(5日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71)◇

谷原秀人が、「悔しいですね・・・」と率直な気持ちをもらした。大会最終日に3オーバー「74」とスコアを落とし、前日の18位から32位タイへと順位を下げた。「マスターズ」出場へ向け、3月27日発表の世界ランキングで50位以内を目指しているが、今大会前の57位からのランキング上昇は難しい模様だ。

1番(316yd/パー4)は1オンに成功して15mを沈めてイーグル発進。だが、その後は4ボギー1ダブルボギー(1バーディ)とスコアを落とした。体調はこの4日間で最高だったが、「アイアンも飛んでいたし、これまでは突き抜けるところじゃないのが、突き抜けたり、距離感が合わなかった」と、体調の好転が距離感を微妙に狂わせた。

世界ゴルフ選手権の最終日。ピンは、段のすぐ上や、池の先の狭い場所など、厳しいポジションに切られていた。「フェアウェイに打っていかないと、ピンを狙えない。逃げたらバーディが来ないし、攻めればボギーも来るというピンポジション。いい勉強にもなったし、最終日の課題ができた」と、精度の高いティショットの必要性を痛感した。

3週間後の「WGCデルマッチプレー」が、「マスターズ」前の最後の出場試合となる。「そこに向けて日本で調整します。決勝目指して頑張ります」と、一時帰国してラストチャンスに勝負を掛ける。(メキシコ・メキシコシティ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 WGCメキシコ選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~