ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

病み上がりの谷原、アンラッキーの池田はともに4オーバー

◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 初日(2日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71)◇

谷原秀人池田勇太はそろって、4オーバー61位タイとした。開幕前日は、体調不良のためにクラブを一切握らずにホテルで寝ていたという谷原は、2連続バーディで出たものの、以降は5ボギー1ダブルボギー(1バーディ)。「久しぶりにこんなひどいゴルフをした」と苦笑いで振り返った。

体調は「昨日より全然いい」と復調気配だが、ティショットが左へ行く傾向を最後まで修正できず、「たぶん、長いクラブだと体が動いていないんだと思う。短いクラブならタイミングが合っているので、もう少しだけ腰が切れるようになれば」と、病み上がりのフィットネスを課題とした。

一方の池田は、イーブンパーで迎えた後半5番で痛恨のトリプルボギー。ティショットを右の林に曲げると、フェアウェイに戻そうとした2打目が木に当たって右サイドのフェアウェイバンカーへ。その球がバンカー左壁にくっついて「どう打てばいいんだよ!」という状態。スタンスをバンカーの外側に取り、ピンまで111ydにPWをアップライトに構えて打ってみると、予想を超えて球は飛んでグリーンを40yd近くオーバーし、5オン2パットの「7」となった。

「ゴルフの内容は悪くないけど、あの1ホールだけ。アンラッキーも多かった」と池田は言う。「ティショットが曲がったのは数ホールだけだし、手応えはあった。アイアンも後半に修正ができた」と2日目以降に期待を寄せた。(メキシコ・メキシコシティ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 WGCメキシコ選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~