ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】松山英樹、トップと1打差で決勝Rへ 石川は予選通過厳しく

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 2日目(3日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

首位に1打差の2位からスタートした前年覇者の松山英樹は4バーディ、1ボギーの「68」とし、通算9アンダーで2日目を終えた。ホールアウト時点で、通算10アンダーのアン・ビョンフン(韓国)とブレンダン・スティールがトップに立っている。

松山は、3番(パー5)で2m強を決めてバーディを先行すると、11番でも2m強を入れてスコアを伸ばす。15番(パー5)では、3打目を1m強につけてバーディ。332ydの17番では、ティショットでグリーン近くまで運び5mを沈めて4つ目のバーディ。しかし、2打目をグリーンサイドのバンカーに入れた18番をボギーとした。

18位からスタートした石川遼は、2バーディ、5ボギーの「74」とスコアを落として通算イーブンパーで終了。現時点での予選カットラインは、通算1アンダーとなっている。

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~