ニュース

米国男子ヒーローワールドチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズの収穫と誤算「時間とテストが必要だ」

◇米国男子◇ヒーローワールドチャレンジ 初日(1日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72)

一時は首位に並びながらも、終わってみれば「73」、下から2番目の17位。タイガー・ウッズの15カ月ぶりのツアー復帰戦は、希望と現実を突きつけるようなラウンドとなった。

<< 下に続く >>

12時ちょうどの1番ティ。ウッズは大きな拍手と歓声を浴びてティに上がった。だが、注目の第1打は左サイドにあるクロスバンカーのさらに左へと出て、ウッズを送り出す拍手は少し間を置くこととなった。

3番(パー5)でアプローチをタップインの距離に寄せてバーディとすると、6番からは3連続。6番(パー5)は、右サイドのラフからアプローチを1.5mに寄せ、8番(パー3)では6Iをピンそば60cmにぴたりとつけるスーパーショット。首位に並ぶ4アンダーへとスコアを伸ばした。

「すぐに試合モードに入った。2番のティショットを打つときには、すでにラウンドの流れに入っていた」とウッズはいう。だが、4つ伸ばした8番までとは対照的に、残り10ホールで5オーバー。「いくつかのミスを犯した。ブッシュに3回、池に1回入れてしまった。とても良いラウンドになる可能性もあったのだが・・・」と悔しがった。体力や、怪我の不安などは否定しつつ、「普通ならしないような馬鹿なミスを犯してしまった。しばらくプレーしてなかったので」と懸命に前を向いた。

この日、最初のボギーを叩いた9番では1Wのティショットを左ブッシュへ。16番は第2打を左に曲げ、最終18番でも1Wを左サイドの池へと入れて終盤に2つのダブルボギーを献上した。「18番ではプルカット(左に出て右へと曲がる球)を打とうとしたのだけど・・・、これが道具を変える上で一番難しいことだけど、ショットが同じではないのでミスも少し違ってくる。それを(スイングで)調整するか、道具をアジャストするか、どちらもできるけど、その辺は少し時間とテストが必要だ」と説明した。

「でも、全体的にはとても良かった。残り3日間が楽しみだ」と語ったウッズ。本人以上に、全世界のゴルフファンの気持ちも同じはずだ。(バハマ・アルバニー/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ヒーローワールドチャレンジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!