ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

申ジエが3打差単独トップに浮上 笠は最下位抜け出せず

◇国内女子◇LPGAツアー選手権リコーカップ 2日目(25日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

トップを3打差で追ってスタートした今季3勝の申ジエ(韓国)が、スタートから3連続を含む7バーディ、1ボギーの「66」で回って通算7アンダーの単独トップに浮上した。2位には1イーグル、4バーディ、3ボギーの「69」でプレーしたキム・ハヌル(韓国)。通算3アンダーの3位には渡邉彩香鈴木愛が続いた。

すでに、2年連続賞金女王を決めているイ・ボミは、この日「71」でプレーして通算1オーバーの15位。優勝すればメルセデス・ランキング1位(年間最優秀選手)の可能性がある笠りつ子は、この日も「75」とスコアを伸ばせず、通算10オーバーの最下位タイ(30位)に沈んだままだ。

<主な上位成績>
1/-7/申ジエ
2/-4/キム・ハヌル
3T/-3/渡邉彩香鈴木愛
5/-2/李知姫
6T/-1/大山志保大江香織ポラニ・チュティチャイ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!