ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 場所:キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

【W杯詳報2R】石川のバーディ締めで「65」 日本は通算6アンダー

◇国・地域別対抗戦◇ISPSハンダ ゴルフワールドカップ 2日目(25日)◇キングストン・ヒースGC(オーストラリア)◇7111yd(パー72)

初日を首位と4打差の10位タイで終えた松山英樹石川遼の日本代表は、午前10時20分(日本時間同8時20分)に1番からプレーを開始。2日目はフォアボール形式のストロークプレー(それぞれのボールをプレーし、1ホールごとにペアで良い方のスコアを記録)で行う。

<< 下に続く >>

■ スコアカード(後半)

Hole101112131415161718INTotal
Par4454534443772
松山43-4534---
石川5-4-4--43-
日本4344434433365

◆18H 457yd Par4/バーディ(-6)
松山、石川と立て続けに1wでフェアウェイをとらえる。松山のセカンドショットは短く、ピンから10m。石川はピン右6mを残すが、これを沈めてバーディフィニッシュ。

◆17H 459yd Par4/パー(-5)
強いフォローの風。どちらも3Iでティショット。フェアウェイからのセカンドは石川がグリーンを右に外し、寄せワンでパー。松山の手前から15mのバーディパットはショートしてしまう。

◆16H 440yd Par4/パー(-5)
松山は1w、石川は3wでともにティショットをフェアウェイへ。長いパー4でともにチャンスを作れず、松山は10m、石川は7mのバーディパットを決められず。

◆15H 154yd Par3/パー(-5)
両者ともにアイアンでグリーンをとらえる。ティショットをあとに打った石川が15mのパットを寄せる。松山の8mのバーディトライはカップの左へ。タップインでパーを拾う

◆14H 563yd Par5/バーディ(-5)
松山は1wショットで手を離すが、例によって安全な左ラフに。石川の1wショットの際、カメラのシャッター音が響き、ボールは左ラフへ。松山が「おい!」と声をあげる。セカンドは石川がアイアンでフェアウェイに刻み、直後の松山は3wでグリーン手前まで運んだ。石川はアゲンストの風となった3打目でピン左2mにピタリ。松山が3オン2パットとしたあと、バーディパットを沈めた。

◆13H 370yd Par4/パー(-4)
松山が1wショットを左のラフに打ち込むと、石川はアイアンでフェアウェイをキープ。松山のセカンドはピン奥6mに付くが、バーディパットは惜しくも外れパーセーブ。石川は左から4mのチャンスを活かせず。

◆12H 574yd Par5/バーディ(-4)
松山の1wショットは左へ曲がったが、石川が1wでフェアウェイキープし、3wでさらに前に進める。石川のウェッジショットは右からの傾斜もうまく使いOKに付けてお先のバーディ。

◆11H 413yd Par4/バーディ(-3)
松山は1wでフェアウェイをキープ。石川はアイアンでティショットを放つが左に曲げ、セカンドも右のバンカーに入れる。松山も絶好の位置からグリーン手前のフェアウェイにこぼすミス。しかし、ここで松山がウェッジでチップインを決め、渾身のガッツポーズ!

◆10H 359yd Par4/パー(-2)
石川が先にティショットをアイアンで刻むと、松山は1wをチョイスして強攻策。左からの追い風にも乗せ、グリーン右まで運ぶ。2打目のアプローチで1mに寄せた。しかしこのチャンスを活かせずパーどまり

■ スコアカード(前半)

Hole123456789OUT
Par43444345435
松山-343-33-4-
石川4--44--53-
日本43434335332

◆9H 435yd Par4/バーディ(-2)
松山が1wショットを左に曲げ、2打目もグリーン手前の花道に。石川はフェアウェイを1wでとらえ、セカンドは右からアゲンストの風を利用しながらピン右手前にチャンスを作った。松山が寄せワンパットパーを拾ってから、石川が2.5mを強気に流し込んだ。

◆8H 503yd Par5/パー(-1)
松山の1wショットはフェアウェイ。石川は1wで左に曲げ、フェアウェイに刻んでから3オンさせる。松山のセカンドは3wでグリーン右手前のバンカーに入れ、3打目でピンを2mオーバー。石川の6mのバーディパットはわずかに右にそれ、松山のパットも左へ。

◆7H 443yd Par4/バーディ(-1)
松山が再び先にティショット。1wで右サイドにある隣の1番ホールのフェアウェイに置く。グリーン左手前に切られたピンを狙うためのマネジメント。石川は正規のホールのフェアウェイに1wショット、セカンドはグリーン右手前の茂みに落として3オン。松山の2打目は左からの風に負けず、ピン奥に付けてバーディチャンスを作り3mを沈めた。

◆6H 187yd Par3/パー(0)
この日初めて石川が先にティショット。アイアンでピン左6mに乗せる。松山が果敢に狙った第1打はピン左奥に8m。下りのバーディパットを外して2パットパーとし、パートナーに託すが、石川のパットはカップの右にわずかにそれた。

◆5H 427yd Par4/パー(0)
松山の1wショットは左のフェスキューの茂みに、石川は1wで右のセミラフに置く。ともに2オンさせるが、バーディパットはどちらも7m以上。石川がパーとした。

◆4H 294yd Par4/バーディ(0)
松山は1wを強振して1オンを狙うが、左のベアグラウンドにこぼす。石川がアイアンでフェアウェイをとらえて、セカンドでグリーン左のエッジへ。ウェッジでの3打目を寄せてパーとしたあと、松山が手前から3mのバーディパットを沈めた

◆3H 400yd Par4/パー(+1)
ともに1wでフェアウェイをキープ。先に2打目を打った石川はグリーン左に外し、松山がピン奥5mのチャンスを作るも、惜しくもバーディパットはショート。

◆2H 152yd Par3/パー(+1)
松山のティショットはグリーン左にオン。石川はピンサイドの右バンカーに入れ、2打目も寄せられない。松山の7mのバーディパットはわずかに右に外れた。

◆1H 481yd Par4/パー(+1)
曇り空の下でティオフ。オナーは日本。松山は1wで左ラフ、セカンドもグリーンに届かず手前に。石川は1wでフェアウェイをとらえて2オン。 松山はパターで3打目を打ち、3mのパーパットを先に打ってラインを見せて外す。石川のバーディトライは7m。これも外れてパーで滑り出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!