ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

【速報】松山英樹、メジャー初V逃す 通算9アンダーで終了/全米プロ

ニュージャージー州のバルタスロールGCで開催された今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終ラウンド、首位と4打差の通算7アンダー5位から出た松山英樹は2バーディ、ノーボギーの「68」(パー70)でプレーし、通算9アンダーで4日間の戦いを終えた。

ホールアウト時点では、4位。ダニエル・サマーヘイズが通算10アンダーで終えており、松山はメジャー初優勝を逃した。優勝争いは、ともに14ホールを終えて通算13アンダーまで伸ばしたジミー・ウォーカーと、通算11アンダーのジェイソン・デイに事実上絞られた。

<< 下に続く >>

松山はこの日、悪天候の前日から持ち越された第3ラウンドで3ストローク伸ばした。午後2時40分にティオフした最終ラウンドでは、前半にパーを並べた。

後半に入ると、11番で約7mのフックラインをねじ込み、初めてのバーディを奪った。12番(パー3)では2m強、14番では2.5mのチャンスを決め切れず、もどかしい展開が続いた。17番(パー5)でも1m強のバーディパットを外し、グリーン上で苦しんだ。最終18番でバーディを奪い、1日36ホールの激闘を締めくくった。

松山はホールアウト後、TBSのインタビューで「来年のメジャーに向けてしっかり練習したい」と話した。

谷原秀人は3バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし、通算3アンダー。池田勇太も1イーグル2バーディ、1ボギーの「67」とし、通算3アンダーで終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!