ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

ピン位置が逆!?にもめげず浮上の池田勇太「日本じゃありえない」

ニュージャージー州にあるバルタスロールGCで行われた海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」の2日目、10番スタートの第1組でティオフした池田勇太は、5バーディ2ボギーの「67」(パー70)として、通算3アンダーの13位に浮上。「この2日間、良い流れでできている」と満足そうに振り返った。

「ピン、反対じゃね?」。池田がキャディにそうつぶやいたのは、スタートホールの10番でグリーンに向けて打とうとしたとき。スタート時に貰ったピンポジションが書かれた紙には、手前21yd、左4ydと書かれていたが、目を凝らすと明らかにピンフラッグはグリーン右端でたなびいている。

「距離もなにも分からない」という状態でグリーンに打って、なんとか2パットで切り抜けたが、同組で回ったコルト・ノストは、グリーンにやってきて事情を説明した競技委員に対して怒りをぶちまける事態。運営の手違いで間違ったピンポジションが訂正されないままにスタートしていた第1組でのプレーだったが、これに対する救済はなく、ホールアウト後にPGA・オブ・アメリカの責任者が3人に謝意を表しただけだった。

「まあ、別に『あ、そう』っていう感じ。こっちっぽいよね。日本じゃありえないけど」。

途中、強くなった雨で45分ほどの中断を挟んだが、「なんで(中断のホーンを)鳴らしたのか分からない。その前から水は溜まっていたし、そのあとにも(大雨は)まったく来ないし…」と池田。だが、そんな理不尽に頓着しなかったのも、ゴルフが好調だからこそか。

この日は後半に15mのバーディパットを沈めるなど、3連続を含む4バーディの固め打ち。「ショットは昨日から好調だし、パットが入ってくれたのがこの結果。この2日間良い流れでプレーできているし、明日もしっかり上を目指したい」と言い残して、颯爽と立ち去った。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。