ニュース

米国男子ディーン&デルーカ招待の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ディーン&デルーカ招待
期間:05/26〜05/29 場所:コロニアルCC(テキサス州)

最終組のスピースとパーマー どっちがより地元?

テキサス州ダラス出身のジョーダン・スピースにとっては、まさにホームでの2連戦。前週の「AT&Tバイロンネルソン選手権」の会場(ダラス)から、車で1時間も掛からないコロニアルCC(フォートワース)で開催されている「ディーン&デルーカ招待」で、スピースは再びテキサス初優勝のチャンスをつかんだ。

「もし明日勝てなかったらがっかりだ。2週続けてこの位置(最終組)にいるし、先週の日曜日は自分にとってつらい日だった」と、通算12アンダーで単独首位に立つスピースは視線を上げた。昨年の今大会での2位を含め、テキサス州では計3度の2位が最高。まだ、PGAツアー優勝の喜びを地元で味わったことはない。

<< 下に続く >>

「すべてにおいて、調子はいい」とスピースは言う。「基本に忠実に、姿勢をキープしてセットアップを丁寧に、今週はずっと良いショットを打てているという自信を持って、スイングする。願わくは、パターがこれまで通りホットであってくれたら」と、力強い言葉で意気込みを語った。

スピースに対抗するように「地理的には彼(スピース)のホームとは言えるけど、ここは僕のホームコースなんだ。明日は信じられないくらい熱狂的な日になるだろう」と語るのは、1打差で追い掛けるライアン・パーマーだ。

コロニアルCCのメンバーであるパーマーは、スピースが最も練習ラウンドをともにする相手でもある。普段はキャディを含めてゲームをしながらラウンドするというが、「明日はできないね」とパーマーは残念そう。「だって普段、僕たちがするゲームは、自分たちがパットをミスしたら次はキャディがパットをするから」と笑った。

ホールアウト時点では「最後の(バーディ)パットを外して本当にがっかりだ。あれを入れて、ホームコースで、自分の家族や友達、メンバーたちの前でジョーダンと最終組でやりたかったんだが…」と悔しがった。だが、最終組で回ったウェブ・シンプソンが最終ホールをボギーとして、パーマーとスピースが最終組で回ることが決定した。

テキサス州出身の地元対決。日曜日の最終組は2人への応援合戦も見物だろう。(テキサス州フォートワース/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ディーン&デルーカ招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!