ニュース

米国男子ディーン&デルーカ招待の最新ゴルフニュースをお届け

強風予報の初日 岩田寛を待ち構える“恐ろしき馬蹄”

2016/05/26 11:17


米国男子「ディーン&デルーカ招待」の開幕を翌日に控えた25日(水)、プロアマ戦に出場しなかった岩田寛は、アプローチ、ショット、パッティングと軽めの最終調整を行った。「結局、どこ(のコース)に行っても変わらないんだけど、フェアウェイに打って、グリーンに載せること」と、シンプルな攻略プランで大会に臨む。

ベン・ホーガンが5度の優勝を果たしたことで、「ホーガンの小路」と呼ばれるコロニアルCC。正確なショットを武器とした先人のように、両サイドに立ち並ぶ巨木を縫って、狭いフェアウェイに置いていくことが攻略のポイントとされている。

このコースの最難関は、“恐ろしき馬蹄(Horrible Horseshoe)”と呼ばれる、3番(483yd/パー4)、4番(247yd/パー3)、5番(481yd/パー4)の連続する3ホール。打撃練習場の外周をU字型(馬蹄のように)に左回りで回るレイアウトだ。昨年大会の難易度は、それぞれ2番目、4番目、1番目で、アウトスタートは序盤から気が抜けない。

昨年大会では初日首位発進のジョーダン・スピースが、2日目に5番でトリプルボギーの「7」を叩き、結局72ホールを終えて1打及ばない2位に終わった。

岩田は大会初日、8時50分にインの10番からティオフする。この難所に差し掛かるのはハーフターンを終えてからだが、明日は昼から夕方にかけて、8~9m/秒の強風が吹く天気予報のため、一層の警戒が必要となってくる。

現地入りしてからの練習ラウンドでは比較的好調なショットを続けている。キャディの新岡隆三郎氏は「まだ波はあるけど、(修正の)ポイントが段々合ってきているんだと思う」と、慎重だが前向きな感触を実感している。「結果を気にせず、いつも通りやることが大事でしょう」と、2週連続の上位進出に期待を寄せた。(テキサス州フォートワース/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ディーン&デルーカ招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。