ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 バルスパー選手権
期間:03/10〜03/13 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

起死回生イーグルもフイに 岩田寛はショットに乱れ

2016/03/13 08:17


フロリダ州のイニスブルックリゾートで開催中の米国男子ツアー「バルスパー選手権」3日目。62位タイから出た岩田寛は「71」(パー71)で回り、通算3オーバーのまま順位を47位タイに上げたが、1イーグル3バーディ、1ボギー2ダブルボギーと出入りの激しい展開に意気消沈した。

思えばスタート前の練習から慌しかった。早朝のドライビングレンジ。アイアンショットで思うような当たりが出ない。練習が終わりに近づいたとき、岩田は突然、別のアイアンセットを用具担当者に準備するよう頼んだ。実にティオフの15分前。結局はクラブ変更を思いとどまり、前日まで使っていたモデルでコースに出たが、ショットの直後にため息を吐き続けた。

スコアだけ見れば、前半は上々のラウンド。出だし1番(パー5)はこの日も3打目をバンカーから寄せてバーディを決め、3番ではグリーン右手前のカラーからパターで2つ目を奪った。予選2日間に比べてパッティングのタッチが合い、“お先”で決めたパーはトータルで7つあったが、それもショットがピンに絡まないことから来る慰めのようでしかない。

荒れたのはプレー全体の3分の2を消化した後だった。アウトで通算イーブンパーまで戻し、ノーボギーで迎えた13番(パー3)でティショットを池に入れてダブルボギー。続く14番(パー5)では、5Wでピン右2mにつける2オンに成功しイーグルを決めたものの、15番(パー3)を再びボギー。16番では1Wショットが、右サイドの池に向かって流れ、2つ目のダブルボギーでこの日作った“貯金”を吐き出した。

ラウンド直後は「ショットの感触が全然良くなかった。パットが復調?そういう問題じゃないです。何も考えたくない」と声を落とした。挽回の機会は残り18ホールだ。(フロリダ州パームハーバー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 バルスパー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。