ニュース

米国男子バルスパー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 バルスパー選手権
期間:03/10〜03/13 場所:イニスブルックリゾート(フロリダ州)

岩田寛 3試合ぶりの予選通過も「何もない」

2016/03/12 09:02


フロリダ州のイニスブルックリゾートで行われている米国男子ツアー「バルスパー選手権」2日目。イーブンパーの25位タイから出た岩田寛は4バーディ、7ボギーの「74」(パー71)で、通算3オーバー。予選カットラインギリギリで出場3試合ぶりの決勝ラウンド進出を決めたが、62位タイに後退した。

初日よりも強く吹いた風。岩田はスタートの1番で(パー5)でバンカーセーブからバーディ発進を決めたが、続く2番ですぐさまボギー。前日はしぶとく決め続けた1m強のショートパットを外し、悪い予感を漂わせた。

<< 下に続く >>

「グリーンが遅くて硬い。タッチが合わない」という不安要素がこの日も払拭されない。4番(パー3)では斜面に張り付いたバンカーからの2打目をピン奥1.2mにつけながら、パーパットを決められない。5番(パー5)で2mを外して2連続ボギーを叩いた。

9番で手前から10mのバーディパットを沈め、中盤は再浮上ムードを作った。クラブから手を放し、ミスショットかに思われた13番(パー3)のティショットはピン左3mについた。14番(パー5)は2オンに成功し2連続バーディを決めた

ところが、終盤に再び荒れた展開に。16番ではフェアウェイからの2打目を左に引っ掛けてベアグラウンドへ。4オン1パットのナイスボギーだったが、最終18番はフェアウェイウッドでの第1打を左サイドのバンカーに入れてボギーフィニッシュ。上がりの難関3ホール“スネークピット”(蛇の巣穴)につかまった格好だ。

2月の「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」以来となる予選通過となったが、ショットの内容に満足いくはずもない。「何もないです。難しかった」とポツリと残し、足早にコースを去った。(フロリダ州パームハーバー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 バルスパー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!