ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 フライズドットコムオープン
期間:10/15〜10/18 シルバラードCC(ノースコース)(カリフォルニア州)

新シーズンへ石川遼が渡米「高校生のときの自分」でブンブン振る!

2015/10/09 17:39

次週15日(木)から早くも新シーズンが開幕する米国男子PGAツアー。4年目のシーズンとなる石川遼が9日、成田空港からアメリカに向けて出発した。出国前会見では、今回の一時帰国で戦った国内4試合を振り返り、「向上心を強く持っていた高校生のときの自分に戻れた」と収穫を語った。

復調のきっかけは、帰国初戦となった9月11日の「ネスレ日本マッチプレー選手権」での初戦敗退だった。1歳年下のルーキー堀川未来夢に敗れ、「出来もしない丁寧なゴルフをやろうとしてミスをしていた」と消極性を猛省。これまでの迷いを吹っ切り、プレースタイルを一新させた。

翌日のプロアマ戦から、ネスレ日本株式会社の高岡浩三社長との緊張するラウンドにもかかわらず、1Wを振りまくったという。「どんなコースでも自分の道でゴルフをしたい」と思い直した石川は、その後のツアー3試合でも延べ168回、パー3を除く全ホールで1Wを振り抜き続けた。

超攻撃的なプレースタイルを取り戻した石川は、ホストプロとして臨んだ「ANAオープンゴルフトーナメント」では優勝を勝ち取って見せた。

振り返れば、本格参戦3年目だった昨季の米ツアー成績は、28試合出場でトップ10がわずか2回、予選落ち回数も11回と、2年目よりも振るわなかった。レギュラーツアー最終戦の「ウィンダム選手権」終了時点ではフェデックスカップランク124位と、崖っぷちで獲得したチケットで戦う新シーズンでもある。

「技術的には高校生のときより、すべてのカテゴリーで上。心技体の部分がそろってくれば毎試合上位にいけると確信している」。結果的にドライバーで心の靄を振り払った形となり、石川の言葉からはメンタル面での復調も感じさせた。

年内のPGAツアーは、次週から11月の「マックグラッドリークラシック」まで7試合。全試合の出場予定は今のところなく、契約先の主催大会で11月26日に開幕する国内ツアー「カシオワールドオープン」(高知県・Kochi黒潮カントリークラブ)出場はすでに明らかにしている。(千葉県成田市/鈴木慶祐)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 フライズドットコムオープン




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。