ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

米ツアー出場権へ岩田寛は7位発進「下の方で通っても…」/下部最終戦

2015/10/02 08:04

米国男子下部ウェブドットコムツアーの今季最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」がフロリダ州にあるTPCソーグラス・ダイズバレーで開幕し、岩田寛は初日を7バーディ、3ボギーの4アンダーでプレーして7位で発進した。

上がり2ホールを連続ボギーとした岩田の表情は硬かったが、10番から出た前半はチャンスを外しながらの5バーディ、ノーボギー。後半に入ってもバーディを先行させ、一時は首位に1打差と迫る6アンダーまでスコアを伸ばした。

<< 下に続く >>

ファイナルシリーズ全4戦の賞金ランキングで11位につける岩田は、上位25位までに与えられる来季PGAツアーの出場権自体は、ほぼ確実としている。だが「下の方で通っても、試合に出られないから関係ない」と、今週さらに1つでも順位を上げることに集中している。

「うまく説明できないけど、多少ある」という普段の試合との違和感は、主にコースの違いから来るという。「あまり経験したことのないコース。逃げたら難しくなるし、マネジメントが違う」という。考えることは日本の数倍。ティショット一つ取っても「日本だと、刻むかどうかだけ」というのに比べ、こちらは「下が硬くなったりして、天気で飛距離が変わってくる。左はバンカーのアゴが高くて、右は木が邪魔とか…」といった具合だ。

さらに、グリーンのアンジュレーションと形状も違い「グリーンセンターに載せたからといって、チャンスじゃない」というのがこちらのコース。攻め抜くには、確かな戦略と技術、タフな精神力が求められる。

「手応えはいつもないんで、いつも通り。ちょっと最後があれだったんで、切り替えてまた明日からです」と岩田。今大会の優勝賞金は18万ドル。これまで3戦の獲得賞金は4万7400ドルで、現在ランキング1位のチェズ・リービーの21万5000ドルを抜くことも計算上は不可能ではない。(フロリダ州ジャクソンビル/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!