ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米オープン
期間:06/18〜06/21 チェンバーズベイGC(ワシントン州)

「よく1オーバーでまとめられた」松山英樹は6打差で週末へ

ワシントン州にあるチェンバーズベイで行われた今季海外メジャー第2戦「全米オープン」2日目、イーブンパーから出た松山英樹は3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「71」(パー70)で回って通算1オーバー。首位との差は6打に広がったが、順位は21位へじわりと上げた。

この日、コースの全長は初日の7497ydから7695ydへと200yd近くも伸ばされた。アウト9ホールだけで、なんと4020yd。平均スコアが72.718から73.368へと下がった。

松山は午後2時過ぎにティオフ。照りつける強い日差しで、地面は徐々に乾燥していく。「スタートから苦しい流れだった」という1番はラフを渡り歩いてボギー発進。だが、直後の2番で10mのバーディパットをねじ込んだ。

「よく、+1でまとめられた。パットに助けられたなという感じ」

2打目をミスした6番でも、アプローチ後に8mのパーパットをカップに沈めた。絶妙だったのは1オンに成功した12番。カップ右上の段上から約10mのファーストパットは、大きく右を向いて打ち出して、カップ奧の傾斜を使って手前に戻すと、1mを沈めてバーディとした。

決して完璧なゴルフではなかった。9番(パー3)では、バンカーにつかまり3パットのダブルボギー。14番ではティショット、セカンドとミスショットが続きながらもバーディとした。

「上位との差は詰めたい。でも、この2日間のミスがあったら詰められない」と松山は言う。ムービングデーとなる3日目に向け、求められるのは一段高い集中力だ。「ミスを少なくできれば、チャンスは残っていると思う」。

3日目のスタートは午後1時前で、2サムの相手は21歳アマチュアのジャック・マグワイアだ。(ワシントン州ユニバーシティプレイス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。