ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

4連続バーディ締めで28位 遼、自称“スロースターター”の真骨頂

2014/10/20 11:08

103位→65位→42位→28位。初日の出遅れから、ギリギリで予選通過を果たすと、決勝ラウンドに入っても順位を上げ続けた石川遼。「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」最終日、尻上がりに調子を上げた一週間を象徴するように、石川は4連続バーディで72ホールを締めくくった。

「16番(パー5)では2m半くらいのイーグルパットだったけど、2m半のパットを初めてショートした」と苦笑いで振り返った石川。昨日つかみかけたパッティングは、この日は「全然できなかった」。

「ショートパットは思ったところに打てて入っているけど、3mくらいになると全然ラインに載らなくなる。不思議ですね――」。

前半を2ボギーで折り返したが、10番でラフから60cmにぴたりとつけてバーディとすると、スイッチがパチンと入った。「ショットでバーディを獲れるように切り替えた。もっと近くに、近くにというように」。

341yの15番は1Wで1オンに成功。16番(パー5)のイーグルパットは手前でよれたが、続く17番(パー3)は左奥に切られたピンを、右サイドの傾斜を使って惜しくもホールインワンのスーパーショット。最終18番も残り105yを、奥の傾斜を使ってSWで90cmにするりと寄せた。

今週、TPCサマリンのグリーンの読みは最後までつかめなかったが、「逆にそこだけ。どのコースに行ってもこれくらいのプレーが出来ていればチャンスは来ると思えるプレーだった」。4日間のパーオン率はフィールド1位タイの83.3%を記録し、ショットの好調さを「明るい兆し」と受け止めた。

この2戦とも、ぎりぎりで予選通過をして決勝ラウンドで追い上げる展開。「もともと、ジュニアの頃から“スロースタート=かっこいい”みたいなのがあって、その癖が抜けきらない」と笑った石川。「PGAツアーではそんなに余裕をこいてられないし、ほんのちょっと良くなってくれればいいんですけどね」。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!