ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

幸運の兆し?遼、プロアマ戦に滑り込みで最終調整

2014/10/16 11:22


ちょっとした幸運が、ラスベガスの石川遼に舞い降りた。米国男子ツアー14-15年シーズン第2戦「シュライナーズホスピタルforチルドレン」に出場する石川は、大会前日のプロアマ戦は午後のウェイティング1番目に入っていたが、プロアマ戦を欠場したウィリアム・マクガートに代わって本番直前の18ホールをラウンドした。

「試合までに2ラウンドできて、今週はアイアンの距離感を大事にしようと思っていて、それも最終確認できたので良かったと思う」と石川。昨年は“4%”を基本に、乾燥して、標高の高い(約800m)コースの飛距離調整を行っていたというが、今年は「臨機応変に」。「これ以上は言えないですけどね(笑)」と企業秘密は明かさなかった。

<< 下に続く >>

昨年は2位タイに入った相性の良いコース。「難しいところに外した場合、パーセーブするのは難しい。それを避けてバーディチャンスにつけられないのも良くない。そのために、いかに短い距離からグリーンを狙うかも大事。だから、ティショットは重要です」と、メリハリの利いたTPCの攻略イメージを持っている。

スイングに関しては「悪くはないけど、まだ納得いくスイングが常にできる状態ではない」。だが、「ベースの部分を変える必要はない」と、やるべきことは先週から同じままだ。

明日のティタイムは朝8時。周囲を砂漠に囲まれた乾燥地帯のラスベガスでは、グリーン保護のために多めの水がまかれることが想定される。だが、乾燥していく速度もまた急激だ。「朝と午後でコンディションが変わるかもしれないので、最初の数ホールがすごく大事になってくる」と、変化するコンディションに柔軟に対応できるかが、今週のキーワードだ。(ネバダ州ラスベガス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!