ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 BMW選手権
期間:09/04〜09/07 場所:チェリーヒルズCC(コロラド州)

高地での戦い バッバ・ワトソンだとこうなる

2014/09/06 11:07

コロラド州のチェリーヒルズCCで開催中の米国男子ツアー・フェデックスカッププレーオフ第3戦「BMW選手権」2日目。バッバ・ワトソンが第2ラウンドで「66」(パー70)をマークし、松山英樹らと並び通算4アンダーの5位タイに浮上した。

標高およそ1600メートルのデンバー。気圧が低い関係でボールがよく飛ぶ高地での戦いは、選手たちに普段とは違う番手の選択を強いている。多くのプレーヤーが「約10%以上」という方程式を導き出しているが、パワーヒッターの飛距離が一層出ることは当然のこと。世界屈指のドライブを誇るワトソンの場合はやはり、驚くべきものだった。

<< 下に続く >>

インスタートのこの日、前半に迎えた17番(パー5=555ヤード)はティグラウンドからおよそ300ヤード地点にバンカーが3つ、フェアウェイを横切っている。

ドライバー以外のクラブで手前に刻む選手が多いが、ワトソンは迷わず2日続けて、お決まりのピンクのドライバーを握った。豪快なスイングが繰り出したショットの飛距離はなんと363ヤード。そして195ヤードが残った第2打では9番アイアンを選択。「昨日は8番アイアンだった。きょうも良い風が吹いていたね」と、高い球でピンそば1.5メートルにつけて楽々イーグルを奪ってみせた。

「いいドライブが出せればゴルフは楽しくなる。(今週は)10%くらいは飛ぶだろうから、普段のコースよりも短い」。圧倒的な飛距離を十二分に生かして4月の「マスターズ」以来の勝利へ突き進む。(コロラド州デンバー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!