ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・バークレイズ
期間:08/21〜08/24 場所:リッジウッドCC(ニュージャージー州)

グリーン上の苦悩 松山英樹「あきれている」

2014/08/24 08:28

カップの脇を無表情ですり抜けていくボールを、苦々しく見つめていた。ニュージャージー州のリッジウッドCCで開催中の米国男子ツアーのフェデックスカッププレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」3日目。4アンダーの16位タイから出た松山英樹はグリーン上で苦しみ、3バーディ、4ボギーの「72」(パー71)。通算3アンダーの30位タイに後退した。

「悔しいというより、あきれています」。ホールアウト直後の松山は腰に手をやり、重たい息を何度も吐き出した。トップと4打差で迎えたムービングデー。出だし2番で3パットのボギーが先行すると、ショットでチャンスを作りながらも、4番、5番ではいずれも3メートル以内のバーディチャンスを外し、天を仰いだ。

<< 下に続く >>

3メートルを沈めた6番から2連続バーディを取り返し、9番でも残り約130ヤードをピン手前4メートルにつけて3つ目。通算6アンダーまでスコアを伸ばして反撃ムードを漂わせたが、後半インに入ると再び、パットの不振が足かせになった。3メートルのパーパットを残した10番(パー3)から2連続ボギー。12番、13番(パー5)のチャンスも活かせず、15番(パー3)では左奥からのアプローチをオーバーさせ、4つ目のボギーを叩いた。

ショットについては「(感触は)良くない」としながらも、この日もティショットはパー3を除く14ホールのうち12ホールでフェアウェイを捕らえた。3日間を通じたフェアウェイキープ率78.6%は全体5位。一方で、パット数89(初日から29-30-30パット)は52位。パーオンに成功したホールでの平均パット1.821は67位タイに低迷している。

数字が物語る苦悩。「今日に関してはパッティングを責めるべきと思います。ただ入らないんで…感触は良くてもストレスは溜まります」と直行した先はもちろんパッティンググリーン。人もまばらな練習場での試行錯誤は、全組ホールアウトの時刻にまで及んだ。(ニュージャージー州パラマス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2014年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!