ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

松山英樹は36位 消化不良で終えた今季4大メジャー

2014/08/11 08:58

海外男子メジャーの今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」が終了し、最終日を56位からスタートした松山英樹は、5バーディ、2ボギーの「68」(パー71)と3つ伸ばし、通算3アンダーの36位で4日間の戦いを終えた。

前半アウトに4つのバーディを重ねて3つ伸ばしたが、後半はパープレーと失速する昨日と同じ展開。その前半も「良い感触というものはなかった。合わせる感じで、たまたま真っ直ぐ行ったショットも多かった」と、及第点には遠い内容だった。

これで今季の海外メジャー全日程が終了。その他の3試合は「マスターズ」予選落ち、「全米オープン」35位、「全英オープン」39位という結果に終わった。「残念な気持ちの方が強い」と、昨季のメジャー戦績と比べて見落とりする数字に、納得しているはずはない。「来年こそ常に上位で戦えるように、たくさん練習して、体も、技術も、精神的なところも磨いていきたい」と、決意の言葉を並べた。

最終日のリーダーボードを見上げれば、優勝争いの渦中にいるのは同世代のロリー・マキロイ(北アイルランド)と、リッキー・ファウラーの2人。「今年、マキロイやリッキーが(メジャーの)上位で戦えているのは、それまでの練習があるからだと思う。僕も頑張って練習しないといけない」。

先月の「全英オープン」でも優勝を争った2人の背中は、しかし、決して手の届かない距離にあるとは感じていない。「去年は(メジャーの)上位で戦えていたし、少なくとも去年の自分に戻れば上にいけると思う。メモリアルでは勝てているし、(メジャーで)勝てる力があるとは思っている」。自身の可能性を信じる気持ちに、揺らぎはまったくない。

松山は次週の「ウィンダム選手権」に出場後、翌週から開幕するプレーオフシリーズ(全4試合)の第1戦「ザ・バークレイズ」に出場する。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。