ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

松山英樹 “折れた優勝ドライバー”のスペアは?

2014/06/10 08:34

今季の海外メジャー第2戦「全米オープン」は12日(木)、ノースカロライナ州のパインハーストNo.2コースで開幕する。松山英樹は、ツアー初優勝を飾った2週前の「ザ・メモリアルトーナメント」以来の出場試合。オープンウィークとした前週4日(水)に当地に入り、練習を重ねている。

5日(木)には来週に同コースで「全米女子オープン」を控える有村智恵とのプレーも含め、9日(月)までに計2ラウンドの練習に時間を費やした松山。ラフが極めて短く設定され、フェアウェイ周辺を雑草地や砂地などが取り囲む、例年の全米オープンとは異なるセッティングでの勝負に向け、チェックに余念がない。

ところで、懸案事項として挙がるのがドライバーだ。「ザ・メモリアル」の最終日、正規の最終18番でティショットを放った直後、松山の下ろしたドライバーはティグラウンド上の鉄の棒に当たり、シャフトが折れてしまった。ケビン・ナとのプレーオフでは、結局3番ウッドでティショットを放ち、勝利を掴んだ。

そしてこのメジャーを戦うにあたり、ダンロップスポーツのスタッフとの細かい調整が続いている。実際に折れたシャフトが入ったドライバーのヘッドは保管し、かねてから愛用してきた同じヘッド「スリクソンZR-30」のスペアに、グラファイトデザインの同シャフト「ツアーAD DI」シリーズを組み合わせたはいいが、これが一筋縄ではいかない。

アドレス時のクラブヘッドやフェースの見え方から打感、打球音にも強いこだわりを持つ“感覚重視”の松山。どうしても個体差の出てしまうパーツを、ミリ単位で微調整しながら試しているが、なかなかOKを出せない。「使おうとしているものはあるけれど、まだ(1本に)決めてはいない」という開幕3日前だ。

念願の米ツアー優勝の喜びに浸ったのも、最終日の夜にささやかに祝った時だけ。「前週は普通に休めました。(体力面で)良い調整ができたかなと思う」。日本人史上初のメジャー制覇の夢に辿り着くため、後ろを振り返る気などさらさらない。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。